ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

リンキン・パーク、チェスターの死後にストリーミングが730%増 最も再生された曲は?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
リンキン・パーク、チェスターの死後にストリーミングが730%増 最も再生された曲は?

 2017年7月20日にチェスター・ベニントンが死去してからリンキン・パークの楽曲のストリーミング再生数が大幅に増えたとニールセン・ミュージックが明らかにした。7月20日の第一報によると、バンドの楽曲は20日に合計1,260万回再生され、19日の150万回を大きく上回り、米国内のオンデマンド・オーディオ・ストリーミングが前日と比較して730%も増加した。

 7月20日に最もストリーミングされたのは「イン・ジ・エンド」で、約923,000回再生された(前日は107,000回だった)。2002年に米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”で2位を獲得したこの楽曲は、リンキン・パークにとって最も高い位置を記録した楽曲で、彼らの最大のヒットとなった。

◎2017年7月20日に最もストリーミングされたリンキン・パークの楽曲TOP 10
1位「イン・ジ・エンド」923,000回
2位「ナム」740,000回
3位「ヘヴィーfeat.キアーラ」684,000回
4位「ワン・ステップ・クローサー」480,000回
5位「クローリング」439,000回
6位「ワット・アイヴ・ダン」420,000回
7位「ペイパーカット」412,000回
8位「サムホエア・アイ・ビロング」394,000回
9位「ナム/アンコール」(ジェイ・Z/リンキン・パーク)356,000回
10位「ブリード・イット・アウト」350,000回

 また、ベニントンの死後、リンキン・パークのアルバムと楽曲は20日に合計111,000枚売れ(前日は2,000枚だった)、セールスが5,332%増加した。

関連記事リンク(外部サイト)

バンド名の由来であるリンカーン・パークをリンキン・パークに改名しよう! ファンによる署名活動がスタート
リンキン・パーク、北米ツアーをキャンセル
追悼:リンキン・パークのチェスター・ベニントン 米ビルボードとの最後のインタビュー未公開部分を掲載

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。