体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【痩せたい】脂肪の燃焼に効果的?うわさの野菜スープを1週間飲んでみた【理系メシ】

f:id:Meshi2_IB:20170608104919j:plain

うわさの「野菜スープ」はホントに脂肪燃焼に効果的なのか

痩せる! 今年の夏は痩せる!

言うのは簡単だが、中年が痩せるのは本当に難しい。

しかしあっさり簡単にやせてしまう方法があるというのだ。

f:id:Meshi2_IB:20170601232727j:plain

それがこのスープ。

ただの野菜スープにしか見えないが、飲んだ人は1週間で7キロ痩せたというのだ。

なんだそれ? あぶない薬のスープか?

f:id:Meshi2_IB:20170601232734j:plain

痩せたのは、吉原悲劇さん。

シンガーソングライターの癖に178センチで87㎏もあった体重を1週間で7キロ、さらに10日かけてトータル12キロ落としたという。マジですか。

吉原さんがベースにしたのが「1週間脂肪燃焼ダイエット」。

ダイエットに挫折しまくっている人の間では有名なダイエット法である。

1週間の食事を以下の通りに制限する。

1日目 野菜スープ飲み放題、果物食べ放題 2日目 野菜スープ飲み放題、野菜食べ放題 3日目 野菜スープ飲み放題、野菜・果物食べ放題 4日目 野菜スープ飲み放題、バナナ3本とスキムミルク 5日目 野菜スープ飲み放題、肉350~700g、トマト最大6個 6日目 野菜スープ飲み放題、肉350~700g、野菜食べ放題 7日目 野菜スープ飲み放題、玄米、野菜食べ放題

アメリカで太り過ぎて手術できない人を強制的に痩せさせるためのプログラムで、ポイントは野菜スープ。もともとの名称はキャベツスープダイエットというだけあって、キャベツプラス他の野菜でスープを作る。

野菜スープのカロリーは1食分で100キロカロリー程度。

少々食べても1,000キロカロリーにもならない。成人男性の1日の基礎代謝量は1,500~2,000キロカロリーといわれているので、差し引き分だけ痩せることになる。

とうもろこしや根菜類、イモ類は使用禁止。つまりは糖分禁止。

最近はやりの糖質制限ダイエットの一種と考えればいい。

カロリーを極端に落とすと筋肉を消費してしまうので、たんぱく質の補充は必須だ。

脂肪の燃焼が始まるのが3~4日目。糖質が足りない分を、脂肪からケトン体を作って補うようになる。脳がブドウ糖もしくは代替物のケトン体しか栄養にできないためだ。それでも足りないから筋肉を分解してエネルギーに変える。

そういう点で、たんぱく質の消費が始まる5日目から肉を食べるというのは理にかなっている。

f:id:Meshi2_IB:20170601232742j:plain

「私はこれにあるものを加えて、真・脂肪燃焼スープに改良したのです」

1 2 3 4 5次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。