ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

元・万引きGメンの芸人が語る「万引き犯の見分け方」

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
元・万引きGメンの芸人が語る「万引き犯の見分け方」

今回お話をうかがったのは、太田プロダクション所属のお笑いコンビ「旭川グリーンンボーイズ」の鈴木さん。元万引きGメンが語る万引き犯を見分けるコツとは!?

SONY DSC

「僕は昔、お店の中で万引きする人を見つけて捕まえる、いわゆる『万引きGメン』の仕事をしていたことがあるんです。仕事のときには、雑誌を服の中に入れています。なぜなら、逆上した犯人にお腹を刺されるおそれがあるからです。実際、万引きを見つけて注意したら刺されたっていう事件は多いですし、僕の先輩は1人、それで亡くなっているんです。

 

ずっとこの仕事をしていると、『この人はやるんじゃないかな』というのが自然に分かるようになってきます。注意するポイントはまず『目が合うかどうか』ということです。目が合ったら、必ずその人をつけるべきです。その中からだいたい5割ぐらいは実際に万引きをしますから。そもそも普通に買い物に来ている人は、自分が買いたいものを探しているだけだから、他人と目が合うことなんてあんまりないんです。だから、目が合うだけでだいぶ怪しいと考えていい。あと、万引き犯には意外とお金持ちが多い、という傾向もありますね。本当に生活に困っている人が万引きする場合のほうが少ないです。僕が働いていたときにも、見つかった万引き犯はゲーム感覚でやっている人がほとんどでした。

 

万引きGメンの仕事をやっていて困るのは、僕ら自身が店員さんに怪しまれて通報されてしまうことがある、っていうことです。店長さんにしかその存在を知らせないことが多いので、店員さんから見ると、店内をずっとウロウロしている怪しい人に見えるんです。ちなみに僕も、今までに5回ほど通報されたことがあります」

カテゴリー : エンタメ タグ :
オモプラッタの記事一覧をみる ▶
オモプラッタ

記者:

オモプラッタはポルトガル語で「肩甲骨」という意味。 芸人さんが華麗にはばたくための翼を支える肩甲骨でありたい。 それがオモプラッタの理念です。 オモプラッタ編集部は、プロの芸人さんたちが日々生み出している「オモシロ」のカケラを拾い集め、編集して、独自のコンテンツとして皆様にお届けしていきます。

ウェブサイト: http://www.omoplata.net/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。