ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

JSB今市、憧れの人との夢が叶い、13000人が祝福

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

JSB今市、憧れの人との夢が叶い、13000人が祝福
J-WAVE主催「J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2017 supported by antenna*」が7月21日、22日、23日の3日間にわたり、横浜アリーナにて開催されました。ここでは23日に出演した、今市隆二のライブ(&大橋トリオ・スペシャルバンド)の模様をお届けします!

J-WAVE LIVEには、2年ぶりの登場となった今市隆二(三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)。サングラス姿でステージ中央に姿を見せると、13000人から一斉に歓声が起こり、この日の演奏を務めた大橋トリオ率いるスペシャルバンドと共に「Over & Over」「Eeny, meeny, miny, moe!」と立て続けに披露。途中でマイクスタンドからマイクを外し、ステージ狭しと動き回ると声援は一層大きくなりました。

曲が終わってサングラスを外した今市は、「横浜、盛り上がってますか!?」と会場を煽ります。「2年ぶりにJ-WAVE LIVEに帰ってきました! 2年前に、ソロのライブを叶えてくれたライブに帰ってこられて嬉しいです! 短い時間ですが、楽しんでください」と挨拶すると、そのまま花道を通ってセンターステージへ移動しました。そして「次は、2年前のJ-WAVE LIVEでラストに歌った曲です」と告げられた「ALL LOVE」。スポットライトに照らされながら歌い終わると、「ありがとうございました!」と笑顔を見せました。

さらに、ペットボトルの水を勢いよく飲んだ後は、ラストの曲「Won’t Be Long」へ。場内が縦ノリで揺れる中、サビでは会場から大合唱も湧き起こりました。それに感謝するかのように、今市がステージの両端のお客さんとタッチをする場面も…。曲の終盤では「J-WAVE!」「J-WAVE!」というコール&レスポンスで盛り上がり、その興奮も冷めやらぬ中、ステージの奥へと消えていきました。

女性客が多かったこの日。「アンコール!」の黄色い声の中に再び、今市が登場! 安堵の笑顔を見せながら、「J-WAVE LIVEは自分からすると、尊敬する皆さんばかりで、大トリをとらせていただいて光栄です。本当にありがたいことです」と感謝の言葉を述べ、感極まったのか「(このまま)終わりたくないです…」とポツリ。

さらに、自身が憧れるアーティスト、ブライアン・マックナイトさんと一緒に曲を作ることを発表すると、場内から祝福の拍手が起こり、最後はソロとしての新曲「Thank you」をしっとりと歌い上げて、3日間にわたる「J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2017 supported by antenna*」の幕を下ろしました。

1.Over & Over

2.Eeny, meeny, miny, moe!

3.ALL LOVE

4.Won’t Be Long

en 1.Can’t Take My Eyes Off You

en 2.Thank you

なお、このライブの音源は、ラジオ(J-WAVE)、テレビ(フジテレビNEXT)でオンエアが予定されています。まずは、8月11日(金)18時―21時55分のJ-WAVEの番組「antenna* J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2017 SPECIAL」(ナビゲーター:サッシャ・藤田琢己)をお楽しみに!

【番組情報】

番組名:antenna* J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2017 SPECIAL

放送日時:8月11日(金)18時―21時55分

オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/special/live2017/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。