ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

GANG PARADE、3度目の全国ツアー仙台編ーーこの7人なら絶対に何があっても折れない

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
GANG PARADE、3度目の全国ツアー仙台編ーーこの7人なら絶対に何があっても折れない

■2017年7月23日(日)、ツアー4日目 仙台・enn 2nd

GANG PARADEが、全国5箇所を巡るワンマン・ツアー〈GANG PARADE Beyond the Mountain TOUR〉を7月8日(土)よりスタート。ツアー4日日となる仙台公演を、7月23日(日)、enn 2ndにて開催した。

■初の仙台ワンマン、スタート

これが、GANG PARADEにとって初めての仙台ワンマン。チケットは事前にソールドアウトしており、約220名にわたる仙台の遊び人(※GANG PARADEファンの呼称)がGANG PARADEの7人を迎えた。

事務所社長・渡辺淳之介による注意事項のアナウンスの後、客電が落ちてステージに登場した7人のメンバーたち。1曲目は、このツアーでは定番となったPOP時代からのシングル曲「WE ARE the IDOL」。続けてアップテンポな「ISSIN ITTAI」でライヴは加速していく。客席を観ると、GANG PARADEのワンマンを初めて体感するお客さんも多いようで、盛り上がりはスローペースであるものの、個人個人身体を揺らして楽曲を楽しんでいるのが見て取れる。

こちらも恒例となったコントのコーナーでは、マイカがイケメンPAに胸を押し当てて連絡先を聞いていたという設定が、更にローカル・アップデート。アヤ・エイトプリンスもコントで重要な役を担うようになり、完成度が高くなっているのが如実にわかる演出になっていた。

新旧問わず、これまでの楽曲を織り交ぜた楽曲を披露していくと、本編の終盤ではPOP時代から歌い続けてきた「pretty pretty good」で海老反りダンスを遊び人たちと共にし、プラニメ、POP、GANG PARADEと歌い継いできた代表曲「Plastic 2 mercy」で遊び人たち同士で肩を組みながら飛び跳ね、この日1番の盛り上がりを見せて本編は幕を閉じた。

■ユイ・ガ・ドクソンによるMC「これからは勝つGANG PARADEをみんなに見せたい」

アンコールの中、再び登場した7人のメンバーたち。これまで、各会場で1人ずつMCを行ってきているが、この日はユイ・ガ・ドクソンがマイクを手に話をはじめた。

「今日は〈Beyond the Mountain TOUR〉仙台にきてくださってありがとうございます。私がこうやってみんなの前でちゃんと話すのは、お披露目のライヴ以来です。

GANG PARADEに加入して、約10ヶ月が経ちました。それまで平凡な毎日を送っていて、退屈で、人生は一度きりなので、もっともっと自分の人生をおもしろくしたいと思ってオーディオションを受けたのがはじまりです。

その頃の自分は、自分のことを自分でがんばっているって思ってしまうようなダメな人間でした。今思い出すと、全然限界まで努力せずに格好つけてばっかりいて、本当に頑張れていなかったと思います。だからいまここにGANG PARADEのメンバーとしてステージに立てるのは奇跡みたいだなって思います。

諦めなければ夢は叶うっていうのをずっと半信半疑で生きてきましたけど、それは本当です。チャンスをくださった渡辺さん、私たちのことを受け入れてくれたメンバーに感謝の気持ちを心に、いまここに立っています。そして、いつも支えてくれて、ライヴのときは一緒に汗だくになって本気でぶつかってきてくれる遊び人のみなさんが大好きです。改めてここでありがとうを伝えたいです。ありがとうございます。

いままで負けてばっかりいたけど、負けたからこそ得られた強さがいまあるので、もう私は負けを語るのはこれで終わりにします。これからいろんな困難もあると思うし、すでに見えるいっぱいの壁もありますが、今のこの7人なら絶対に何があっても折れないし、絶対に乗り越えてやりたいと思います。これからは勝つGANG PARADEをみんなに見せたいです」

ドクソンの想いが会場に伝わると同時に、現在の7人体制で初めての楽曲「Beyond the Mountain」が流れ、気持ちのこもったパフォーマンスで初の仙台ワンマンは終了した。

ここまで全国4箇所をまわってきた〈GANG PARADE Beyond the Mountain TOUR〉も、いよいよ来週7月30日(日)がファイナルとなる。場所は東京、渋谷WWW。同会場はPOP時代に最後のワンマンを行なった場所で、アンコールでメンバーが水着になって観客の度肝を抜いた場所でもある。そこからメンバーの脱退、加入、レンタルトレードを経て揃った現在の7人がどのようなライヴを見せてくれるのか。

器用ではないメンバーたちであるが、そのたび壁に正面からぶつかり、涙を流しながらも乗り越えてきた。きっと、この日も今後のGANG PARADEにとって大切な1日になるだろう。GANG PARADEは止まらず、前進し続ける。(text by 西澤裕郎)

■TOUR公演詳細
〈GANG PARADE Beyond the Mountain TOUR〉
2017年7月8日(土)大阪・LIVE SQUARE 2nd LINE SOLD OUT
2017年7月16日(日)札幌・COLONY
2017年7月17日(月・祝)名古屋・APOLLO BASE SOLD OUT
2017年7月23日(日)仙台・enn 2nd SOLD OUT
2017年7月30日(日)東京・Shibuya WWW SOLD OUT
チケット
料金 : 3,500円(税込)(オールスタンディング / 入場整理番号付 / 入場時にドリンク代別途必要)
※未就学児童入場不可
※ダイブ / サーフ / モッシュ / リフト禁止

・公式サイト
http://www.gangparade.com/

・GANG PARADEのインタヴューはOTOTOYにて掲載中
http://ototoy.jp/feature/2017072107

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。