体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【イギリスで訪れるべき場所9選】こんなにあった!魅力ある美しい街

イギリスの中でもイングランドは見どころ満載!

イギリスの正式名称は「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」。イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの地域からなる国家です。その中でも今回注目するのは、イングランド。英国のデイリーテレグラフ紙がイングランドで訪れるべき10の場所を発表しました。その中にはロンドンも含まれていますが今回は割愛して、それ以外の9つをご紹介。

どの場所もイングランドの古い歴史や、それを感じさせる食べ物、基本的な文化は共通していますから、今回はそれぞれの特徴に注目します。

ヨークシャー

イギリスで訪れるべき場所 Top 10。ロンドンだけじゃもったいない!
ヨークシャー州はイングランド最大の州。その首都リーズへは、ロンドンから北へ列車で2時間弱。ヨークシャー田舎町の街並みは美しく、画家デービッド・ホックニーの風景画でも有名です。また、ヨークシャーテリアはもともとは猟犬で今では世界中で愛されるペット。ヨークシャー種の豚は食用で世界各地へ拡がりました。

ここで最近注目されているのは食事です。イギリスの中のどこよりも、ミシュランの星を獲得したレストランがあるとのこと。要チェックです。

コッツウォルド

イギリスで訪れるべき場所 Top 10。ロンドンだけじゃもったいない!
ロンドンから2時間ちょっと。何しろどの村もとてもかわいらしく、今が21世紀であることを忘れてしまいます。夏のハイシーズンもいいですが、冬には魅力的な静寂の世界が楽しめます。

見どころは特別自然美館地域です。イギリスの38の特別自然美観地域中で最も広大な面積を誇ります。

デボン

イギリスで訪れるべき場所 Top 10。ロンドンだけじゃもったいない!
デボン州の州都エクセターへはロンドンから西へ電車で2時間40分。イングランドの中でも温暖な地域で、リゾート化されたビーチが点在します。サーフィン、散歩、ピクニック、パブでのビールなど、美しい風景の中で、ちょっとしたアクティビティを楽しむ人が多いようです。

この辺りは、羊、鹿、キジ、豚の肉にシーフードのクオリティが高く、マーケットでは地元のシードルやリンゴジュース、チーズやアイスクリームなども楽しめます。

湖水地方

イギリスで訪れるべき場所 Top 10。ロンドンだけじゃもったいない!
レイク・ディストリクト、湖水地方は、美しい緑の森にいくつもの湖と渓谷が織りなす、最高の景観。あのピーターラビットの故郷としても有名ですよね。

最近は自転車で廻ったり、一日かけてハイキングをするなどのアウトドアのアクティビティも人気です。その入り口の一つウィンダミアへは電車で3時間15分ほど。1泊してゆっくりしたいですね。

ノーフォーク

イギリスで訪れるべき場所 Top 10。ロンドンだけじゃもったいない!
ノーフォークは、ロンドンの北東に位置する州。その首都ノリッチはロンドンから2時間弱です。古くから、羊毛の取引で栄えた商業都市です。そして、イギリス海峡の向こうはオランダ。オランダといえば風車ですが、ここノーフォークでも、巨大な風車を農業に利用しています。

この辺りは雨が少ないので気温の低い冬でも、訪れる人が多いそうです。そうそう、ロンドンの冬は毎日曇ったり雨だったりですから、晴れてアクセスのいいこのあたりまで出かけて、海岸を散策するのもロンドナーのチョイスの一つのようです。

サフォーク

イギリスで訪れるべき場所 Top 10。ロンドンだけじゃもったいない!
サフォークはノーフォクのすぐ南。こちらもその海岸線は季節を問わず多くの人が訪れます。デリカテッセンには、地元の濃厚なチーズ、スモークした魚、それに蜂蜜などが並びます。近隣のパブでビールとともに楽しむこともできます。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。