体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

デヴィッド・ギルモア、世界遺産ポンペイでの 歴史的ライブを映像化

デヴィッド・ギルモアがピンク・フロイド以来45年振りとなる、世界遺産ポンペイ円形闘技場での歴史的ライブを収録したドキュメンタリー作品をこの秋リリースすることを発表した。
『ライヴ・アット・ポンペイ』 (okmusic UP's)

このコンサートは彼が1971年伝説のコンサート映画『ピンク・フロイド ライヴ・アット・ポンペイ』の撮影で初めてそこで演奏してから45年後となる2016年7月7日と8日に行なわれたもので、会場は2000年以上前の紀元前90年に建てられ、紀元79年にヴェスヴィオ火山の噴火により灰に葬られて埋没、その後発掘され世界遺産となった歴史的建造物「ポンペイ円形闘技場」。古代ローマ時代以来、この石造りの円形闘技場で観客を入れた形で行われた史上初のロック・コンサートとなり(45年前は映画撮影のため無観客)、デヴィッド・ギルモアは、2000年近く前にグラディエーター(剣闘士)たちが戦って以来、このアリーナで観衆を前に演奏した史上初のパフォーマーとなった。ポンペイのショウについて、デヴィッド・ギルモアはこう語る。

「ここは魔法のような場所だ。ここに戻ってきて、ステージやアリーナを観て、何かとても圧倒されてしまった。ここは亡霊たちの場所なんだ」―――デヴィッド・ギルモア

コンサートで演奏された曲はデヴィッド・ギルモアのキャリア全体を網羅するものになり、ピンク・フロイドの名曲の数々も披露された(今作では21曲中13曲のピンク・フロイド・ナンバーを収録)。「吹けよ風、呼べよ嵐」は、1971年の映画でも演奏された唯一の曲でもあり、またギルモアがソロ公演では滅多に演奏しない『狂気』収録の「虚空のスキャット」も披露。コンサートは巨大な円型スクリーンから放たれる光の洪水、想像力を掻き立てる様々な神秘的な映像、レーザー光線を駆使した極彩色のライティング、パイロや花火など、まさにピンク・フロイドを彷彿させる音と映像が融合した、“光と音の大スペクタクル・ショー”となった。本公演を目の当たりにすることができたのは、各日たった2,000人強の観客のみ。全世界のピンク・フロイド・ファン垂涎の超プレミア・チケットとなった伝説のライヴの全貌が遂に明らかになる。コンサートの模様をダイジェストに収録したトレイラー映像も公開となった。最後の円形闘技場の周囲全体から放たれる花火など光と音の大スペクタクル・ショーの凄さを堪能できるはず。

デヴィッド・ギルモア『ライヴ・アット・ポンペイ』は、(1)デラックス・ボックス・ヴァージョン(2CD+2BD)、(2)2CDヴァージョン、(3)2DVDヴァージョン、(4)BDヴァージョンの4形態発売となる。ライヴ音源はデヴィッド・ギルモアがプロデュース、ミキシングはアンディ・ジャクソンとデヴィッド・ギルモアが担当し極上のサウンドに仕上げている。ライヴ映像はギャヴィン・エルダー監督が4Kで撮影。DVDとBDにはギャヴィン・エルダーによる7分間のドキュメンタリー「ポンペイ・ゼン・アンド・ナウ」が追加収録される。また、デラックス・ヴァージョンの4枚組ボックスにはライヴ音源を2枚のCDに、ライヴ映像をBD1に、そしてBD2にはこのデラックス・ヴァージョンにしか収録されないボーナス映像が追加収録される。ボーナス映像はポンペイ以外の11のライヴ・パフォーマンス(その中にはロンドンのロイヤル・アルバート・ホールでので『シャーロック』などで有名な英俳優ベネディクト・カンバーバッチとの「コンフォタブリー・ナム」共演が1曲含まれる)、BBCの特番を含むドキュメンタリー映像5本、トータル約3時間半(208分)もの追加映像が収録され、更に特典としてハードカバー・フォトブック、ポンペイ・ガイド・リーフレット、ポスター、ポストカード(4枚)も付随。いずれのパッケージも日本盤のみCDは高品質BSCD2仕様、映像は日本語字幕付き。

2015年9月に4枚目のソロ・アルバム『飛翔』をリリース後、行なわれたワールド・ツアーでヨーロッパ公演はこのポンペイほか、イタリア・ヴェローナの古代ローマ時代の円形闘技場、オーストリアのシェーンブルン宮殿、フランスのシャンティイ城、クロアチアのプーラ円形闘技場など歴史的建造物でのパフォーマンスが数多く行なわれた。その一部はデラックス・ボックスのボーナス映像に一部収録される。古代ローマ時代に想いを馳せ、眩いばかりの光と天にも昇るが如く、ギルモアのギターに包まれ、酔いしれる夜。デヴィッド・ギルモア『ライヴ・アット・ポンペイ』 は、絶頂にあるひとりのアーティストが、極めて「特別な場所」の舞台で、世界的なバンドとともに素晴らしい楽曲を演奏する、ある「特別な日」の姿を映している。
『Live at Pompeii 2016』トレイラー映像

1 2 3 4 5 6次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会