ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

和楽器バンド、大熱狂のツアーファイナル! アンコールで新曲「雨のち感情論」初披露も

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
和楽器バンド、大熱狂のツアーファイナル! アンコールで新曲「雨のち感情論」初披露も

今年3月に発売した3rdアルバム『四季彩-shikisai-』を引っさげた和楽器バンド初の全国ホールツアー〈和楽器バンド HALL TOUR 2017 四季ノ彩 -Shiki no Irodori-〉のファイナル公演が、7月21日(金)に東京国際フォーラムで行なわれた。

19:00過ぎに開演。期待と興奮の歓声の中、メンバーがステージに登場し、会場がひときわ大歓声に包まれると、「鳥のように」からライヴはスタート。続けて、疾走感あふれる「浮世heavy life」「Howling」など、多彩な楽曲を披露し、オープニングから会場内のボルテージは一気に上がっていった。その一方で、鈴華(Vo)の詩舞や剣舞と共に繰り広げられた町屋(Gt)といぶくろ(箏)による妖艶なパフォーマンスは、まさに和楽器と洋楽器の融合であり、これまでのロック・バンドのライヴとは異なる、歌だけではない、和楽器バンドならではの演出となっていた。

ライヴ後半は、アルバムのリード曲「オキノタユウ」で鈴華の圧倒的な歌唱力に5,000人の老若男女が酔いしれる。和楽器バンドのライヴの見どころのひとつ「ドラム&和太鼓バトル」では、黒流と山葵のリズムだけで創り出したとは思えないヘヴィなサウンドとそのテクニックで会場が一体化! 本編ラストは「流星」で感動的に締めくくった。

メンバーがステージを去ると、今や定番ともなったファンによる「暁ノ糸」の大合唱が会場中から巻き起こり、その歌声に応えてメンバーが再登場。鈴華は「今回のツアーは4月からスタートしましたが、ライブをすることが日常になっていました。全国でファンの皆さんが待っていてくれているので、感謝の気持ちで溢れています」と伝え、アンコールで和楽器バンドとしては初のCDシングルとなる新曲「雨のち感情論」(9月6日リリース)を初披露。ファンと共に創り上げた全22曲、約2時間30分にわたる〈和楽器バンド HALL TOUR 2017 四季ノ彩 -Shiki no Irodori-〉は幕を閉じた。

終演後には、ステージ上のスクリーンで〈和楽器バンド 大新年会2018〉の開催がサプライズ発表され、大歓声が沸き起こった。今や世界へと人気を拡大させている和楽器バンド。今年も音楽シーンを席巻することになりそうだ。(田)

1stシングル「雨のち感情論」
2017年9月6日発売
【CD+DVD(MUSIC VIDEO盤)】
「雨のち感情論」のMVとメイキング映像を収録!
【CD+DVD(LIVE映像盤)】
2017年4月から7月にかけて開催された全国ホールツアーの最終公演、2017年7月21日の東京国際フォーラム公演より、「雨のち感情論」と「ワタシ・至上主義」のライヴ映像を収録!
【CD ONLY】
ぱちんこ「CR吉宗4 天昇飛躍の極」テーマ曲として話題沸騰中の「そこにあるかもしれない(和楽器バンドversion)」を収録!
【CD+VR(mu-moショップ・FC八重流専売数量限定盤)】
和楽器バントとしては初となるVR盤!
ビューアー(専用メガネ)を用いてスマートフォンアプリで楽しめる、バーチャルリアリティ映像コンテンツを収録!

〈和楽器バンド 大新年会2018〉
2018年1月27日(土) 神奈川 横浜アリーナ

和楽器バンド、大熱狂のツアーファイナル! アンコールで新曲「雨のち感情論」初披露も 和楽器バンド、大熱狂のツアーファイナル! アンコールで新曲「雨のち感情論」初披露も
カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。