ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

「木漏れ日」を再現したライト

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
「木漏れ日」を再現したライト

現代人の多くは、太陽光があまり入らない部屋で、人工的なライトに照らされて生活しているのでは。

時間や場所の感覚を失いがちな現代人が、あたたかい木漏れ日の光を体感できるように…そんな思いを込めて作られたのが、Leslie Nooteboomさんがデザインした自然光ライト「Komorebi」です。

引きこもりがちな
現代人に「自然光」を

「木漏れ日」を再現したライト「木漏れ日」を再現したライト

日光は、時間や場所によってその強さや色合いが変化します。日光を浴びることで自律神経を整えたり、リラックスしたりできるのは、よく知られている事実でしょう。

このライトは、本物と見紛うほどリアルな自然光を室内で再現することができるんです。「木漏れ日」を再現したライト「木漏れ日」を再現したライト

「Komorebi」は専用のスマホアプリを操作することで、光のパターンを木漏れ日・水辺・移りゆく影の3パターンから選ぶことができます。しかもこれ、プログラムで人工太陽をシミュレーションするという本格的なもの。木々の隙間や水面から射す光をパターン化し、より自然光に近くなるよう設計されています。

また、光の強さや色調などもコントロールして保存することができるため、自分だけの「光プレイリスト」を作ることもできるようになっています。「木漏れ日」を再現したライト「木漏れ日」を再現したライト

デザイナーのLeslie Nooteboomさんは、日照時間の少ない北欧に行ったときに、太陽光が人の生産性と集中力に大きく影響することを実感し「Komorebi」の着想を得たと言います。

家の中にいながら優しい太陽光を注いでくれる「Komorebi」。自然光の少ない場所で集中力の必要な仕事をしている人、自然の癒やしを欲している人に、是非使ってほしいライトです。

komorebi from Leslie Nooteboom on Vimeo.Photo by Renée Kemps,(Instagram)Licensed material used with permission by Leslie Nooteboom

関連記事リンク(外部サイト)

スマホ中心生活から抜け出せる「スマートライト」
開くと間接照明、閉じるとリビングライトになる「inMOOV」
アジアン料理ブームに潜む問題から生まれた「インテリア雑貨」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。