ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

第9回「WOLF RPGエディターコンテスト(ウディコン)」開催! 20本以上の応募作品が早速プレイ可能

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

数々の名作を生み出した無償のゲーム制作ツール「WOLF RPGエディター」。本ツールで制作されたフリーゲームのコンテスト「WOLF RPGエディターコンテスト(通称ウディコン)」が23日より開催されている。

本コンテストは、「WOLF RPGエディター」の作者であるSmokingWOLF氏が主催・運営しており、年1回開催され今年で9回目となる。応募作品は順次公開され、作品ごとの掲示板が用意されたり、一般投票のみで審査が行われたりと、ユーザー参加型のイベントとなっている。執筆時現在すでに20本以上の作品が公開されており、ダウンロードしてプレイすることが可能。

wdicon9th
第9回「WOLF RPGエディターコンテスト」応募作品一覧ページ

応募できる作品はオリジナルかつ未発表の「WOLF RPGエディター」製ゲームで、作品募集期間は23日から29日23:59まで。その後、応募された作品数に応じて投票期間が設けられ、投票期間終了後に結果が発表される。投票の際は「熱中度」「斬新さ」「物語性」「画像/音声」「遊びやすさ」「その他加点」という6部門で点数評価を行い、これをもとに部門別の順位と総合順位が決められる。詳しい応募方法や規約はコンテスト公式サイトを参照してほしい。

「WOLF RPGエディター」はRPGに限らず、2Dゲームの制作に汎用的に利用できるツールで、ウディコンにおいても毎回、さまざまなジャンルの力作が応募されている。昨年開催の第8回では、総合1位に収穫アクションゲーム『収穫機道ろぼふぁーむ』、同2位にボードゲーム×ローグライクRPG『箱庭フロンティア』、同3位に電子ゲームブック『電子ゲームブック 自由落下』が選出されている(関連記事)。

また、「WOLF RPGエディター」は今年3月のアップデートで、従来より大きな画面サイズや、1,280×720といったアスペクト比16:9の画面サイズでゲームを制作可能になった。これに伴い今回のウディコンより、応募時に提出するスクリーンショットの縦横幅の上限が上がり、16:9サイズにも対応した。新たに制作可能となった画面サイズを活用したゲームの登場にも期待したい。

関連記事:

フリーホラーゲーム『クロエのレクイエム』のコラボショップがオープン!6月18日から池袋にて
フリーホラーゲーム『Ib』の二次創作イベント「ゲルテナカフェ」が開催 作品の世界観を再現した「ゲルテナ展」のスタッフが送る企画。
フリーゲームコンテスト「WOLF RPGエディター コンテスト(ウディコン)」第8回の結果が発表

カテゴリー : ゲーム タグ :
もぐらゲームスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。