ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

【レポート】BiSH、スタッフ&清掃員と最高の愛の邂逅ーー約7,000人集結の幕張メッセ・ワンマン

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【レポート】BiSH、スタッフ&清掃員と最高の愛の邂逅ーー約7,000人集結の幕張メッセ・ワンマン

BiSHが、全国20箇所を巡るツアーのファイナルとなるワンマン〈BiSH NEVERMiND TOUR RELOADED THE FiNAL “REVOLUTiONS“〉を、2017年7月22日(土)、幕張メッセ 幕張イベントホールにて開催した。

チケットは事前にソールドアウト、約7,000人が集ったBiSH史上最大のワンマンの様子をOTOTOY編集長の飯田仁一郎がレポートする。

■2017年7月22日(土)幕張メッセ “REVOLUTiONS“

今日のライヴは“革命”ではなかった。BiSからの流れゆえか、どうしてもWACK勢には事件やそれを乗り越える奇跡を期待してしまうのだが、BiSHは奇跡を願うのではなく、ただただ自分たちで努力を積み重ねていくグループだ。その努力の結果が、今日の幕張での景色となって現れた。シンプルだけど力強い、彼女たちのたゆまぬ努力こそが、人を惹きつけ、会場を満員にさせたのだ。

とはいえ1つだけ奇跡があるとすれば、この6人が集まったことだろう。アイナ・ジ・エンドが客演として参加した楽曲も発売されるようになり、どれもかっこいいのだが、やはりBiSHに混ざったときのアイナの歌は格別だ。モモコグミカンパニーだって、アユニ・Dだって、ハシヤスメ・アツコだって、街中を歩いていそうな女の子なのに、BiSHになると急に輝く。今、このグループは奇跡的なバランスであるからこそ、マネージャーの渡辺淳之介はメンバー・チェンジも増員もしないのだろう。

さて、まずは本日のセットリスト。

1. オーケストラ
2. 社会のルール
3. DEADMAN
4. Marionette
5. ウォント
6. 本当本気
7. DA DANCE!!
8. ヒーローワナビー
9. VOMiTSONG
10. Nothing.
11. スパーク
12. サラバかな
13. ALL YOU NEED IS LOVE
14. MONSTERS
15. OTNK
16. beautifulさ
17. GiANT KiLLERS
18. BiSH-星が瞬く夜に
〈ENCORE〉
19. BUDOKANかもしくはTAMANEGI
20. プロミスザスター
21. 生きててよかったというのなら

いくつか筆者なりの視点で、本ライヴを振り返ってみようと思う。

■約7,000人の清掃員が共に歌い、踊ったライヴ本編

冒頭、いきなり「オーケストラ」がきた! 2017年3月の「オーケストラ」奪取事件(※WACK合同オーディションにてBiS、GANG PARADEと競った。勝負に負けたBiSHは、BiSに「オーケストラ」を奪われた。参照記事)は、メンバーにとって大きな出来事だったのではないだろうか。このときの思いをメンバーに聞けば、困惑する者、憤慨する者、「オーケストラをBiSH以外が歌うことはありえない」と開き直る者など、メンバー各々に気持ちの揺れを起こしていた。中でもセントチヒロ・チッチが悔しくて渡辺淳之介に電話したエピソードはとても印象的だった。そんな大切な曲を1曲目にもってきた彼女たちに、このライヴにかける強い覚悟を感じ、号泣。

「Nothing.」からの「スパーク」も涙腺が破れた。「Nothing.」はモモコが作詞を担当し、BiSの「FiNAL DANCE」で描かれた〈孤独が運命〉という歌詞に対して、私たちは孤独ではないと強く言い放った。BiSの作った伝説は我々が引き継ぐのだと強く表明した、「FiNAL DANCE」のアンサーソングだ。そこからBiSHのファースト・アルバムの1曲目「スパーク」へと繋げた曲順は、あまりにもエモーショナルだった。そして次曲「サラバかな」では、アイナとチッチが解き放たれたように両サイドに作られたお立ち台へ駆けていき熱唱した。前半戦、今日のアイナは静かだなと思っていたら、この爆発ぶりだもの。やっぱり彼女は炸裂している方がいい。

たたみ掛ける後半戦の「beautifulさ」は、やはり名曲中の名曲。チッチの「強く生きていこうよ」という言葉で始まり、〈どんなとげとげな道も僕らは乗り越えていく〉と清掃員全員がトゲトゲダンスを踊る光景を見て、彼女たちがどれだけ多くの人に生きる活力を与えているか、彼女たちのおかげで「明日も頑張って生きよう」、そんなシンプルなことを思えるようになった人がどれだけいるのか! BiSHからの強い「生きろ!」のメッセージが、こんなにも多くの人に伝わっていることを実感した瞬間だった。

■メンバー1人1人の想いを乗せたMC、そしてアンコール

清掃員が携帯のライトをかざし、BiSHを呼び込む美しいアンコールを行った後に彼女たちが披露した曲は、なんと「BUDOKANかもしくはTAMANEGI」。彼女たちは、いまでも変わらず武道館を目指している。たとえBiSHの動員が武道館を越えようが、彼女たちは武道館に立つ夢は捨てないし、いつか立ってやるという強い覚悟をこの曲をやることで示した。アイナはインタヴュー(Epsode36 アイナ・ジ・エンド「今の6人で絶対代わりはいないくらいになりたい」)で「もっとでかくなったら31日間連続武道館でやりたいんです」と言っていた。武道館とほとんど同じキャパである幕張メッセを成し遂げたBiSHにとって、それでも武道館は目標であり続ける。やっぱり武道館でBiSHを見てみたいぞ!

最後は、1人1人のMCからの「プロミスザスター」。

以前インタヴューで「気持ちをいつもうまく伝えることができない」と嘆いていたアユニは、もちろん今日も話よりも涙が勝る状態。それでも「これからはBiSHが人生の一部、生きがいって思っていけるように頑張りたいです」と言い切った。

無口担当のリンリンは「BiSHに入って過去の自分を見下せるようになったし、今日の幕張メッセを見下せるように頑張ります」と言い放った。

ハシヤスメは、芸能界を目指してから苦節10年。それでも今が青春であると言った。

モモコは、「中野heavysick ZEROの初ワンマン・ライヴでは悔しくて泣きながら帰ってもう辞めようと思ったけど、逃げないで、やっぱりBiSHが好きと思ってやろうって決めてやってきてよかった。あの時と変わらずBiSHが大好きです」と、普段なら照れて言わないことを大観衆の前で言い切った。

アイナは、いかにメンバーのことを考えて振り付けをしているかってことを丁寧に伝えてくれた。

そしてチッチが「今日この6人で幕張メッセに約束を果たしにきました。でもBiSHはまだまだ止まりません。最高のその先に行くことを約束します!」と宣言して「プロミスザスター」に繋いだ。

本ライヴには、BiSHの愛が詰まっていた。メンバーのことを強く思う清掃員。メンバーと清掃員のことを強く思うスタッフ。清掃員とスタッフのことを強く思うメンバー。その溢れる愛は、「生きててよかったというのなら」に乗せてエンドロールで締めくくられた。過剰な演出はいくつかの特効くらいで、あとは歌と踊りと照明と音響。とてもシンプルで生々しいBiSHとスタッフと清掃員の最高の愛の邂逅を見せつけられて、筆者もやはり「明日も頑張って生きよう」と、シンプルに思えたのだ。

text by 飯田仁一郎
photo by 外林健太

〈BiSH NEVERMiND TOUR RELOADED THE FiNAL “REVOLUTiONS“〉
2017年7月22日(土)幕張メッセ 幕張イベントホール

■セットリスト
1. オーケストラ
2. 社会のルール
3. DEADMAN
4. Marionette
5. ウォント
6. 本当本気
7. DA DANCE!!
8. ヒーローワナビー
9. VOMiTSONG
10. Nothing.
11. スパーク
12. サラバかな
13. ALL YOU NEED IS LOVE
14. MONSTERS
15. OTNK
16. beautifulさ
17. GiANT KiLLERS
18. BiSH-星が瞬く夜に
19. BUDOKANかもしくはTAMANEGI
20. プロミスザスター
21. 生きててよかったというのなら

〈TOKYO BiSH SHiNE3〉
2017年8月23日(水)Zepp Tokyo
時間 : 開場 19:00 / 開演 20:00
入場チケットに関して : どうしても入場したい方の為にまず有料にてチケット先行受付を行います!
受付日時 : 7月23日(日)12:00~18:00
受付URL : http://w.pia.jp/t/bish/
チケット料金 :
1Fスタンディング 3,240円(税込)
2F指定席 3,240円(税込)
※入場時にドリンク代別途必要

・先行受付にて会場キャパに満たなかった場合は当日、整理券配布の上で入場無料でご入場いただけます。
・先行受付にて会場キャパに達してた場合は当日の整理券配布はありません。
・整理券配布日時▶8月23日(水)11:00~17:00
※予定枚数に達し次第、整理券の配布は終了となります。
※整理券はお1人様につき1枚のみ配布となります。
※整理券の譲渡・転売は固くお断りいたします。
※入場時にドリンク代が必要となります。
お問合せ : KM MUSIC 045-201-9999

・BiSH official web site
http://www.bish.tokyo/

【レポート】BiSH、スタッフ&清掃員と最高の愛の邂逅ーー約7,000人集結の幕張メッセ・ワンマン 【レポート】BiSH、スタッフ&清掃員と最高の愛の邂逅ーー約7,000人集結の幕張メッセ・ワンマン 【レポート】BiSH、スタッフ&清掃員と最高の愛の邂逅ーー約7,000人集結の幕張メッセ・ワンマン 【レポート】BiSH、スタッフ&清掃員と最高の愛の邂逅ーー約7,000人集結の幕張メッセ・ワンマン 【レポート】BiSH、スタッフ&清掃員と最高の愛の邂逅ーー約7,000人集結の幕張メッセ・ワンマン 【レポート】BiSH、スタッフ&清掃員と最高の愛の邂逅ーー約7,000人集結の幕張メッセ・ワンマン
カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。