ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

パリパリ…ジュワ〜! 「羽根つき焼小籠包」って?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

パリパリ…ジュワ〜! 「羽根つき焼小籠包」って?
J-WAVEで放送中の番組「GOLD RUSH」(ナビゲーター:渡部建)のワンコーナー、「HUNGRY OUT」。 7月21日(金)のオンエアでは、渡部のオススメグルメ「羽根つき焼小籠包」を紹介しました。

7月、J-WAVEでは「ワオ! と思える東京グルメ」をテーマにキャンペーンを実施中。Instagramで、813軒の 「ワオ! と思えるグルメ情報」を募集しています。リスナーの皆さんの「MY BEST TOKYO GOURMET」を写真に撮って、「#jwave」そして「#東京グルメマップ」を付けてInstagramに投稿してもらっていますが、この日は、渡部オススメの東京グルメを自ら投稿しました。

「今までになかった新感覚の小籠包」と、渡部が紹介したのは「羽根つき焼小籠包」。「小籠包のジューシーな美味しさプラス、羽根のパリッとした感じが、すごくお得な印象」と渡部も絶賛のグルメですが、こちらを提供しているのが「羽根つき焼小籠包 鼎’s」。同店を運営する株式会社フードバディーズ代表取締役社長の荻巣雄太さんにお話を伺いました。 

「羽根つき焼小籠包 鼎’s」は今年5月に小籠包の名店「京鼎樓」の流れをくみ、オープン。本店は恵比寿にあります。「新しいものを作りたい」という思いから“お手軽さ”をコンセプトに開発したそう。

渡部が「SNSで映えること間違いなし」というメニューですが、小籠包の下にシートが敷いてあるような不思議な見た目。値段は「小籠包を餃子のようにカジュアルに食べてほしい」という思いも込め、一皿4個390円とのこと! 普通の小籠包は黒酢を付けて食べますが、ここでは特製酢味噌ダレと香港ラー油を2:1の割合で混ぜて作るタレに付けて食べるとのことです。

改めて食べた渡部は、「パリパリのクリスピーな楽しさがあって、そこに一気にブワッと中の肉汁が出てくるのですごくいい。お味噌の酸味、ラー油が辛味としてしっかり残るので非常に美味しいです、大好きです!」と興奮気味に語りました。

さらに渡部もまだ食べていない新メニュー「とろーりチーズの羽根つき焼小籠包」もスタジオに登場!「合いますね。全然、表情変えます。これはうまい!」と絶賛でした。包み込んだパスタにチーズをかけたような感覚なのだとか。

さらに「水小籠包」という水餃子のような小籠包というメニューもあるそう。ぜひお店でチェックしてみてください! 

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】

番組名:「GOLD RUSH」
放送日時:毎週金曜16時30分−20時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/goldrush/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。