ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

水曜日のカンパネラ、神輿の出現に12000人が興奮

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

水曜日のカンパネラ、神輿の出現に12000人が興奮
J-WAVE主催「J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2017 supported by antenna*」が7月21日、22日、23日の3日間にわたり、横浜アリーナにて開催されています。ここでは22日に出演した、水曜日のカンパネラのライブの模様をお届けします!

「一休さん」のイントロが始まると、観客の視線はステージへ。

…ところが、ヴォーカルのコムアイはそのステージではなく、客席の後方から登場しました。意表をついた登場に、観客は大盛り上がり! しかも、そのままステージへ行くかと思いきや、客席の中へどんどん入っていきます。時にお客さんとタッチをしながら客席をグルリ半周歩き、特製の神輿に乗ってようやくステージへ。

続いて「嬴政」(読み方は「えいせい」)を伸びやかな声で披露。この曲は、コムアイ自身も特に気に入っている曲のひとつで、水曜日のカンパネラが水曜ナビゲーターを務めるJ-WAVEの番組「SPARK」(25時〜26時)で、「イントロも良いし、前半と後半とで曲が全く変わるのも面白いです」と紹介したこともあるほどです。歌い終わって、大歓声に包まれる中「いろいろな人が集まってくれて楽しいです。最後まで目一杯、楽しんでください!」と改めて挨拶。

さらに、赤と黄のカラフルなスポットライトを浴びながらアートの世界に入り込んでいるような演出を見せたり、ステージ上に、空気で膨らませた半透明で巨大な丸い物体を出現させたり…。観客も“水カンワールド”を固唾を飲んで見守っていました。

実はこの日が誕生日だったコムアイ。そのことをMCで告げ、「人前で歌ったり、踊ったり、演出したり、パフォーマンスをしたり…誕生日に、こんなにたくさんの皆さんの前で、表現を見てもらうことができて光栄です!」と感謝の言葉を述べました。また、コムアイは平井堅さんのリハーサル風景を見ていたそうで「とにかくすごかった! 」と期待を煽る場面も。

続いて、北海道のことを歌った歌で、北海道からヒットしたという「シャクシャイン」を熱唱。最後は「桃太郎」で「きっびっだーん! きびきびだーん!」と声を上げて盛り上がり、再び神輿に乗って移動。盛大な拍手に包まれながら、会場を後にしました。

1.一休さん
2.嬴政
3.チャップリン
4.ウランちゃん
5.ユタ
6.ピカソ
7.シャクシャイン
8.桃太郎

ライブの模様は「antenna* J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2017 SPECIAL」と題して、サッシャ、藤田琢己のナビゲートで、8月11日(金)18時〜21時55分に放送されます。

【イベント概要】
公演タイトル:J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2017 supported by antenna*
開催日時:2017年7月21日(金)17時30分開場、18時30分開演/22日(土)、23日(日)14時開場、15時開演
会場:横浜アリーナ
料金:当日券・指定席 9,400(税込)ほか
※当日券を各日開場時間の1時間前より、会場窓口にて販売(予定枚数に達し次第終了)
※演出の一部が見えづらい場合があります

23日(日)のラインアップ
AI/今市隆二(三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)/久保田利伸/CHEMISTRY/RHYMESTER/大橋トリオ(スペシャルバンドマスター)/スペシャルゲスト:清水ミチコ/フロントアクト:DAOKO

【関連サイト】
「J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2017 supported by antenna*」
http://www.j-wave.co.jp/special/live2017/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。