ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

道路や広場に設置できるソーラー発電モジュール「SolaRoad Kit」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

オランダの首都アムステルダム近郊で、ソーラーパネルでできた自転車専用レーン「SolaRoad」が世界で初めて敷設されたのは、2014年のこと。

以降、様々な改良が加えられ、2017年には、このソーラー発電モジュールをユニット化した「SolaRoad Kit」が開発された。

・道路や広場に設置できるソーラー発電モジュール

「SolaRoad Kit」は、長さ2.5メートル、幅3.5メートルのソーラーパネル4枚で構成。

1年間で、1世帯分の年間電力消費量に相当する3,500kWh(キロワット時)を発電できる。

また、このユニットの設置に必要なスペースは約10平方メートルと、比較的小さな場所にも導入できるのも特徴。

自転車専用レーンはもちろん、ハイキングロードや広場、公園、複数のオフィスビルが集まるビジネスパークなどで需要が見込まれている。

「SolaRoad Kit」を導入すれば、道路の街灯や信号、街の照明に必要な電力を“自給自足”でまかなったり、モバイル端末や電気自動車の充電などにも活用できるだろう。

・道路でソーラー発電できる時代に!?

「SolaRoad Kit」の初の顧客であるオランダ北部の都市フローニンゲン(Groningen)では、2017年春、「SolaRoad Kit」の設置に着手。

建物の屋根や屋上、遊休地にとどまらず、街の道路や広場でもソーラー発電できる時代が、すでに到来しているようだ。

SolaRoad Kit

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。