体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ペルーの観光地20選!「世界遺産好き」が魅了される場所はここだ

ペルーの観光地20選!「世界遺産好き」が魅了される場所はここだ

自然や歴史を身近に感じることのできる国・ペルー。世界中から観光客が訪れる、大人気の観光地です。ペルーといえばまず思い浮かぶのは、世界遺産ランキング第1位の「マチュピチュ」でしょう。

しかしその他にも、ペルーには数多くの魅力的なスポットが存在します。今回の記事では、ペルーに行った際に必ず訪れるべき、オススメ観光スポット20選を厳選して紹介します!

*編集部追記
2016年7月の記事に新たに13選追記しました。

 

1.ナスカの地上絵(ナスカ)

Luca Gioncoさん(@jonk_17)が投稿した写真 – 2016 7月 5 12:23午前 PDT

古代人の高度な技術に圧倒される!ペルーの定番観光スポット「ナスカの地上絵」。

最大280mにもなるというサギの絵や、幾何学的な模様など、上空からしか見えない超巨大な地上絵が鑑賞できます。歴史のロマンを感じますね。
■詳細情報
・名称:ナスカの地上絵
・アクセス:ナスカへは長距離バスを利用。リマから7時間程度
・定休日:無休
・料金:フライト料金は95$~130$程度(シーズンによって異なる)
・公式サイトURL:https://ja.wikipedia.org/wiki/ナスカの地上絵(Wikipedia)

 

2.サン・フランシスコ教会・修道院(リマ)

Paolaさん(@jckgamez)が投稿した写真 – 2016 5月 18 9:27午後 PDT

バロックとアンダルシア風の建築様式が特徴的な「サン・フランシスコ教会・修道院」。いくつもの歴史的建造物が建ち並ぶリマ旧市街の中でも、特に重要な建築物の1つとして考えられています。

ここの見所は何と言っても、地下にあるカタコンベ(地下墓地)。おびただしい数の遺骨には、ただただ圧倒されます。
■詳細情報
・名称:サン・フランシスコ教会・修道院
・住所:Jirón Lampa y Ancash, Distrito de Lima, ペルー
・アクセス:Jr.AncashとJr.Lampaの角、アルマス広場からすぐ
・営業時間:9:30~17:30
・定休日:無休
・電話番号:+51 1 4267377
・料金:大人7ソーレス(約210円)、子供3.5ソーレス(約105円)

 

3.マチュ・ピチュ

Kazuhiko Kondoさん(@kondo3d)が投稿した写真 – 2016 7月 13 4:02午前 PDT

世界七不思議の一つにも数えられている「マチュ・ピチュ」。

標高2280mの頂上にあり、インカ帝国最大の天空遺跡として知られています。美しい曲線を描く太陽の神殿、インカ独特の精巧な石積み技術など、見所満載の遺跡都市です。
■詳細情報
・名称:マチュ・ピチュ
・アクセス:マチュ・ピチュへのツアー参加がオススメ
・営業時間:6時~17時
・定休日:無休
・料金:マチュピチュ遺跡のみ 128ソーレス マチュピチュ遺跡と博物館 150ソーレス
・公式サイトURL:https://ja.wikipedia.org/wiki/マチュ・ピチュ(Wikipedia)

 

4.チチカカ湖(プーノ)

Luna OS 🌙さん(@lunaos7)が投稿した写真 – 2016 7月 17 9:30午前 PDT
1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。