ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

弁護士が教える「花火の安全な遊び方」は、見ているこちらが不安になる。

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
弁護士が教える「花火の安全な遊び方」は、見ているこちらが不安になる。

去る7月4日は、アメリカ独立記念日。お祝いの意味を込めて花火大会があったり、家族で手持ち花火を楽しむのが恒例となっている。けれど、盛り上がりに水を差すようなトラブルがあったりもするらしい。

そこで、事故やケガを防ぐための「適切な花火の遊び方」を教えてくれているのが、弁護士のMr.Bryan Wilsonさん。先に言っておくけれど、想像しているようなお堅〜い啓蒙動画じゃありませんよ。いわば、反面教師的アプローチ。

「花火は正しく扱いましょう!」

弁護士が教える「花火の安全な遊び方」は、見ているこちらが不安になる。弁護士が教える「花火の安全な遊び方」は、見ているこちらが不安になる。

「まず、火をつけたらすぐに離れるんだ!」

弁護士が教える「花火の安全な遊び方」は、見ているこちらが不安になる。

「ガススタンド、学校、病院などの……公共施設のそばでは、いけないぞっ…」

弁護士が教える「花火の安全な遊び方」は、見ているこちらが不安になる。

「芝生は刈って、綺麗にしておくこと」

弁護士が教える「花火の安全な遊び方」は、見ているこちらが不安になる。

「(ルールを守って使用しましょう)」

最後はもう、セリフを発することも出来ず、見ているこちらが心配に。

これがYouTuberなどではなく、「弁護士」だというギャップを、いまいちど堪能して。Licensed material used with permission by Bryan Wilson

関連記事リンク(外部サイト)

今日、アメリカ独立記念日にスーパーからマシュマロがなくなる理由
独立記念日ともうひとつ、7月のアメリカには「特別な日」がある
炎が空に伸びていく!?見たことのない謎の「花火」に世界が驚愕

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。