ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

サカナクション山口「始まる前から心配でした」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

サカナクション山口「始まる前から心配でした」
J-WAVE主催「J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2017 supported by antenna*」が7月21日、22日、23日の3日間にわたり、横浜アリーナにて開催されています。ここでは21日に出演した、サカナクションのライブの模様をお届けします!

「僕たち私たち、サカナクションです!」という挨拶で登場すると、ステージ後方には緑色のレーザー光線で「新宝島」の文字。ヴォーカルの山口一郎の「皆さん! 今日は思いっきり踊りましょう!」という言葉に、すでに総立ちの観客が場内の床を揺らします。曲の最後には再びレーザー光線で「新宝島」の文字が照射され、「Aoi」では山口が指を高く突き上げて「いくぞー!」と叫び、観客のボルテージも急上昇。続く「さよならはエモーション」では一転、ステージ上にスモークが焚かれた幻想的な世界を作り、演出でも魅了していきます。

「Inst(FES ver.)」からはステージ前方に山口、岩寺、江島、草刈、岡崎のメンバー5人が並び、レーザー光線を駆使した演出も相まって場内はさながらダンスフロア! 観客がノンストップの状態で踊り続け、山口もステージ狭しと煽ります。

そんなDJスタイルからバンドスタイルへと早変わりを見せた「ミュージック」。そして「アイデンティティ」で、自身の動きに合わせ手を振る観客の様子を見た山口が「すごい景色!」と驚く場面も。

MCでは、ライブ前からお客さんに自身の音楽がどう届くのか、心配して、緊張していたことを明かした山口。さらには、9月30日、10月1日に幕張メッセで開催するライブについて、360度囲むように300ものスピーカーを設置し、誰も味わったことがないような体験を作りたいと語ります。「MCが苦手で…」と会場の空気を緩ませつつ、しっかりと「目が明く藍色」を熱唱すると「ありがとうございました」と深々とお辞儀をしてステージを後にしました。

こうして「J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2017 supported by antenna*」は、初日から大盛り上がりの中、2日目へとバトンを繋げました。

1.新宝島
2.Aoi
3.さよならはエモーション
4.『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』
5.三日月サンセット
6.Inst(FES ver.)
7.SORATO(FES ver.)
8.ミュージック
9.アイデンティティ
10.多分、風。
11.目が明く藍色 

ライブの模様は「antenna* J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2017 SPECIAL」と題して、サッシャ、藤田琢己のナビゲートで、8月11日(金)18時〜21時55分に放送されます。

【イベント概要】
公演タイトル:J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2017 supported by antenna*
開催日時:2017年7月21日(金)17時30分開場、18時30分開演/22日(土)、23日(日)14時開場、15時開演
会場:横浜アリーナ
料金:当日券・指定席 9,400(税込)ほか
※当日券を各日開場時間の一時間前より、会場窓口にて販売(予定枚数に達し次第終了)
※演出の一部が見えづらい場合があります

22日(土)のラインアップ
Suchmos/水曜日のカンパネラ/平井堅/福耳/ユニコーン/フロントアクト:RIRI

23日(日)のラインアップ
AI/今市隆二(三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE)/久保田利伸/CHEMISTRY/RHYMESTER/大橋トリオ(スペシャルバンドマスター)/スペシャルゲスト:清水ミチコ/フロントアクト:DAOKO

【関連サイト】
「J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2017 supported by antenna*」
http://www.j-wave.co.jp/special/live2017/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。