体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『オランジーナ フレンチスパークリング』フランス生まれの炭酸水は、甘さがスパッと消える驚異のスッキリ感

炭酸水市場が盛り上がりを見せる中、あの「オランジーナ」から『オランジーナ フレンチスパークリング』が登場。果実のおいしさとスッキリとした後味が特長だと言うが、今までの果汁入り炭酸水との違いって!? 人生初の“フレンチ”スパークリングをお試し!

炭酸水ブームの中、リフレッシュに適した味を追求!

「オランジーナ」は、フランスで1936年から愛されてきた国民的炭酸飲料。2012年に日本に上陸し、リチャード・ギアが出演するCMで一気に話題となった…って、リチャード・ギアが寅さんに扮しいてた、あのCMから5年も経っているのか…!!

今回、サントリーの同ブランドから発売されたのは『オランジーナ フレンチスパークリング』(450ml・希望小売価格 税抜124円・2017年6月20日発売)。オレンジとレモン果汁を3%ブレンドした無色透明の果汁入り炭酸水だ。

 

同社の調査で、近年はリフレッシュ時に炭酸水や微糖炭酸水を飲む30代、40代が増えていることが発覚。そこで『オランジーナ フレンチスパークリング』は、“リフレッシュに適した味わい”を追求したという。

それにしても、最近は無色透明のドリンクが増えた。ヨーグルト、コーラ、ついにはレモンティーまで透明になってしまったのだから驚いてしまう。「いかにも着色料で色づけしています!」といったドリンクを透明にすることで「健康的に感じる」という意見もあり、しばらくブームは続きそう。『オランジーナ フレンチスパークリング』がそんなところを意識して開発したかは定かではないが、無色透明ドリンク推奨派からも支持を得ることは間違いないだろう。

 

ボトルの形状からバーコードデザインまで、何もかもオシャレ!

パッケージは、透明ラベルに黒キャップというちょっぴり男っぽい印象。らせん状にグルグルとエンボス加工が施されており、これは柑橘類のピール(皮)が巻かれている様子を表現したのだとか。まさにラベルにデザインされた、このピールの感じだ!くぅ~、芸が細かい!!

バーコードだってもちろんシャレオツ。どうやら2種類あるらしく、鼻歌を歌ってるお兄さんが持っている資料(ファイル?レコード?)を指で誰かがツンと押し出しているパターンも存在するというから、今度店頭で確かめてみよう。

爽やかすぎる炭酸水!瞬時に消える甘さに驚き

それでは飲んでみる。キャップをひねると、シュッという爽快音。コップに注ぐと、さわやかな柑橘系の香りが広がった。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会