ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

寝ながらスマホに最適なスピーカー内蔵枕を自作

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
寝ながらスマホに最適なスピーカー内蔵枕を自作

スピーカー内蔵枕は市販品だと3千円以上しますが、100均ショップの素材を使ってDIYすれば格安で自作可能です。DIYといっても、枕を加工してスピーカーを埋め込み、枕と自撮り棒を接続するだけ。HuiuやNetflixなどの動画配信サービスを寝ながらスマホで楽しむのに最適なスピーカー内蔵枕です。

寝ながらスマホのスピーカー内蔵枕

寝ながらスマホでアニメを見たり、音楽を聞けるスピーカー内蔵枕は、100均ショップの枕・スピーカー・自撮り棒で自作できます。また、ダイソーの枕は低反発仕様なので、首が疲れません。

スピーカー内蔵枕の主な材料は、ブックスタンドと延長コード、2分配アダプタ、耳もとキューブスピーカー×2、結束バンド、まくらカバーがいずれも108円。これに自撮り棒(324円)と低反発枕(540円)です。

さっそく、寝ながらスマホに最適なスピーカー内蔵枕の作り方を見ていきましょう。まずはスピーカーの位置を決めるステップからです。成人男性で聞きやすいスピーカーの位置の目安は30cm間隔。好みの位置を見つけてください。

寝ながらスマホで動画が鑑賞できる

続いて、枕にスピーカーを取り付けるステップ。枕をくり抜き、スピーカーを埋め込みます。それぞれ20度ほど内側を向くように角度をつけるのがポイント。寝ながらスマホをするときに音が集中して聞こえます。

次はスピーカーを配線するステップ。それぞれのスピーカーのコードを、2分配アダプタと延長コードで接続します。ここまででスピーカー内蔵枕は完成。あとは、寝ながらスマホを使うための自撮り棒をセットします。

ブックスタンドにマジックテープで枕を固定し、結束バンドで自撮り棒を巻き付けるのです。これで寝ながらスマホで動画が鑑賞できるというわけ。さらにスマホ用のコントローラーがあれば、音量調節などもラクになります。(文/爲房新太朗)

関連記事リンク(外部サイト)

無線ルーターのおすすめ簡単パワーアップ改造
エポキシ接着剤の溶接並みの強度を試してみた
2×4材と突っ張り金具で室内に柱を追加する
車の傷消し!自分で修復するための4工程とは
ドローンの操作距離を「蒸し器」を使って延ばす

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。