ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

秦 基博「いつか抜きたい」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

秦 基博「いつか抜きたい」
J-WAVE主催「J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2017 supported by antenna*」が7月21日、22日、23日の3日間にわたり、横浜アリーナにて開催されています。ここでは21日に出演した、秦 基博のライブの模様をお届けします!

大勢の観客からの「はたくーん」という声援で迎えられた秦のステージは、「待ってました!」と言わんばかりの大きな拍手の中、「Girl」から幕を開けました。良く通る伸びやかな声で観客を魅了したところで「どーもー! 秦 基博でーす! J-WAVE LIVE、楽しんでますか?」と挨拶するとさらなる歓声が起こり、その中で2曲めの「グッバイ・アイザック」へ。さらに「まだまだ行けますか!? 僕の次のサカナクションまで力を残そうなんてダメですよ! ここで一度力を使い切って、あとで休憩して、サカナクションで盛り上がってください(笑)」と煽ります。

続く「スミレ」では、サビの部分で大勢の観客が“スミレダンス”を披露。普段のライブでは「スミレ」を歌う前に秦自身が“スミレダンス”の踊り方をレクチャーすることも多いのですが、今回はレクチャーなしで観客がダンスをしている光景を見て「なんの説明もしないのに踊れるなんて、さすがJ-WAVEリスナー!」と感激していました。

そして秦は、今回で10回目のJ-WAVE LIVE出場となることから「10回も出られることが嬉しい」と感謝の言葉を述べつつ、代表曲となった「ひまわりの約束」を熱唱。ここまでは実は初のダブルカルテット編成でしたが、秦がメンバーの皆さんの労をねぎらってステージから送り出すと、ここからのステージ上は秦のみに。

秦は「J-WAVE LIVE」の2日目、22日(土)にも「福耳」のメンバーとして出演します。「こうして、毎年2回ずつ出場していれば、(2000年から出場している)平井堅さんの出場回数もいつかは…(笑)。抜きたいですけど、でもまずは、これからも毎年呼んでもらえるように頑張ります」と意気込みを語り、最後は「70億のピース」を弾き語り。サビの部分はアカペラで歌いきり、盛大な拍手と共にステージを後にしました。

1.Girl
2.グッバイ・アイザック
3.スミレ
4.ひまわりの約束
5.Q&A
6.鱗(うろこ)
7.70億のピース

ライブの模様は「antenna* J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2017 SPECIAL」と題して、サッシャ、藤田琢己のナビゲートで、8月11日(金)18時〜21時55分に放送されます。

【イベント概要】
公演タイトル:J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2017 supported by antenna*
開催日時:2017年7月21日(金)17時30分開場、18時30分開演/22日(土)、23日(日)14時開場、15時開演
会場:横浜アリーナ
料金:当日券・指定席 9,400(税込)ほか
※当日券を各日開場時間の一時間前より、会場窓口にて販売(予定枚数に達し次第終了)
※演出の一部が見えづらい場合があります

22日(土)のラインアップ
Suchmos/水曜日のカンパネラ/平井堅/福耳/ユニコーン/フロントアクト:RIRI

23日(日)のラインアップ
AI/今市隆二(三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE)/久保田利伸/CHEMISTRY/RHYMESTER/大橋トリオ(スペシャルバンドマスター)/スペシャルゲスト:清水ミチコ/フロントアクト:DAOKO

【関連サイト】
「J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2017 supported by antenna*」
http://www.j-wave.co.jp/special/live2017/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。