ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

野沢トオル×中村金太 松木ひろしの名作蘇らせるプロジェクト発足!『シン・ゴジラ』等出演の近童弐吉や元Especia冨永悠香ら参加

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
野沢トオル×中村金太 松木ひろしの名作蘇らせるプロジェクト発足!『シン・ゴジラ』等出演の近童弐吉や元Especia冨永悠香ら参加

 本田美奈子.の生涯を描き、全公演即日ソールドアウトとなった舞台【minako-太陽になった歌姫-】の作/演出/出演の野沢トオルが、新プロジェクト【アイレトロシアター】を立ち上げることになった。

【アイレトロシアター】関連写真一覧

 このプロジェクトは、植木等の映画『ニッポン無責任時代』シリーズ、 ザ・ドリフターズの映画『ドリフターズですよ!前進前進また前進』、西田敏行主演テレビドラマ『池中玄太80キロ』、渥美清やコント55号の舞台脚本他、昭和を代表する名作を生み出した脚本家である故・松木ひろし氏が遺した至極の名作たちを現代に蘇らせる、というものである。

 力強く脈を打つ、高度成長期における日本の生活、当時の若者、男と女、思想、文化を描いた松木作品を、テレビドラマ『天までとどけ』『ホテル』『スキッと一心太助』など数々の連続ドラマを手掛けた中村金太と、小劇場界で独自の世界観を確立させた劇作家/演出家・野沢トオルがタッグを組み、平成の世に送り出す。

 プロジェクト立ち上げ初回の公演では、映画『シン・ゴジラ』等にも出演の近童弐吉(劇団・新宿梁山泊)を主演に迎え、昭和33年の新橋烏森の三流出版社を舞台に繰り広げられるコメディ『野良犬譚』(読み:のらいぬたん)を浅草九劇にて上演。松木ひろし氏の一周忌の今年9月、中村金太&野沢トオルの手によって蘇る昭和の名作は必見だ。

◎公演情報【アイレトロシアター シリーズ昭和33-1958-「野良犬譚」】
原作/脚本:松木ひろし
演出:中村金太(ドラマ『天までとどけ』『ホテル』ほか)
音楽:仲条幸一
企画:野沢トオル(舞台【minako-太陽になった歌姫-】ほか)
出演:近童弐吉、北嶋マミ、千葉誠太郎、花陽みく、亜立大和、青地洋、近藤貴郁、柳澤果那、清水那奈子、杉本茜、岡田雄樹、長谷川てるや、北爪裕生、冨永悠香、牧田彩乃、山口将太郎、古屋義邦、尾関紘次郎、福田光空 / 仲条幸一 ほか
公演日程:2017年09月06日(水)~10(日)※全9回公演
劇場:浅草九劇
チケット:前売5500円(税込・整理番号付)
詳細は後日オフィシャルサイトにて発表
https://www.i-retro-theater.com/

関連記事リンク(外部サイト)

田村芽実(アンジュルムOG)×野沢トオル【minako-太陽になった歌姫-】対談 vol.3「アンジュルムのみんなにも絶対に観てもらいたいです!」
田村芽実(アンジュルムOG)×野沢トオル【minako-太陽になった歌姫-】対談 vol.2「本田美奈子.さんが選んでくださった」
田村芽実(アンジュルムOG)×野沢トオル【minako-太陽になった歌姫-】対談 vol.1「いちばん最初に田村芽実の顔が浮かんだ」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。