ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【絶望】Amazonの配送ルール改変!トラブルだらけの配送業者デリバリープロバイダを避ける最新方法が判明

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
amazon1

Amazonはお買い得な商品をスピーディーに配送してくれることがウリだったが、配送業者として「デリバリープロバイダ」が加わったことで一変。配送の遅延、不在連絡票の嘘、ミスなどが頻発しており、一気にAmazonの評判がガタ落ちしている。

・えげつない行為
たとえばAmazonの「お急ぎ便」は早ければ注文当日、遅くとも翌日や翌々日には商品が届くようになっているが、デリバリープロバイダは定められた時間まで配送しないばかりか、いつの間にかAmazonに商品を戻してしまっていることもある。一度も届けていないのに不在連絡票を発行していたことも発覚しており、いともたやすく行われるえげつない行為をしていた。

・当編集部が独自の調査
では、デリバリープロバイダに商品を運ばせない方法はあるのだろう? 当編集部が独自の調査をしたところ、デリバリープロバイダに運んでほしくない場合は、「店頭受取」をするしかないことが判明した。以下は、配送プランごとの配送業者一覧である。

通常配送: デリバリープロバイダ含む全配送業者
お急ぎ便: デリバリープロバイダ含む全配送業者
お届け日時指定便: デリバリープロバイダ含む全配送業者
店頭受取ローソン: 日本郵便
店頭受取ファミリーマート: ヤマト運輸
店頭受取ヤマト運輸: ヤマト運輸

・Amazonルール改変で使いにくい状況に
つい最近までは「お届け日時指定便はデリバリープロバイダが運ばない」というルールだっだが、ここ最近はAmazonの配送ルールが改変され、お届け日時指定便でもデリバリープロバイダが運ぶようになってしまったようである。ある意味、トラブルなく早く商品が欲しい人にとって絶望的な状況といえる。

今後、Amazonはデリバリープロバイダのネガティブな部分を改善していくことは可能なのか? この先生きのこる事はできるのか? 今後もAmazonの動向に注目していきたい。

もっと詳しく読む: 配送業者デリバリープロバイダを避ける最新方法(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2017/07/21/amazon-delivery-provider-yamato/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。