ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

観光客のためだけじゃない。町のための「宿」を作る理由

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
観光客のためだけじゃない。町のための「宿」を作る理由

宿泊施設でも観光施設でも、そういったものはたいていの場合、町の「外」に向けて作られる。だけど、今年の冬に函館にオープンする予定の「SMALL TOWN HOSTEL」は、ここを訪れる観光客のためだけではなく、この場所で暮らす人のための宿でもある。その真意とは一体?

地元の町が寂れるって、
寂しいよね

観光客のためだけじゃない。町のための「宿」を作る理由

「SMALL TOWN HOSTEL」のプロジェクトをリードしているのは、「箱バル不動産」の代表、蒲生寛之さんだ。

蒲生さんは4年前、故郷・函館にUターンした。蒲生さんの地元である西部地区は、市内でも特に過疎が進んでいる地区。寂れていく町並みを眺めながら「これではいけない」と危機感を覚えた。そして、仲間と「箱バル不動産」を結成。イベントやプロジェクトを通して函館の暮らしを見つめ、住民同士のつながりを作り、函館ならではの風土を育もうと活動をしてきた。

そんなある日。函館に関する、ある調査結果を目にする。それは…。

魅力的な都市ナンバーワン
住民の幸福度ワーストワン

ブランド総合研究所が行なった地域に関するアンケート調査で、函館は見事、魅力度ナンバーワンの都市に輝いた。函館山からの夜景に、おいしい海鮮。魅力度が高いのも納得だ。しかしその一方で、日本総合研究所が発表した「幸福度」に関する調査(人口20万人以上の中核市のうち一部を除く42市が対象)では、最下位をマークしたのだ。

蒲生さんは違和感を覚えた。外からの視点と中の視点、そこに大きなズレがあることに。同時に、「外から来た旅人と、そこに暮らす地域住民が交わることで、街の魅力を再発見できないか」と考えるようになった。そして…。

「そうだ、宿を作ろう」

観光客と住民がつながる場所。そして、それぞれが函館の暮らしを見つけることができる場所。その形を模索していた蒲生さんは、ゲストハウスを作ることを決意した。

舞台となるのは、築約100年の歴史がある「旧仁寿生命ビル」とその周辺。観光客のためだけじゃない。町のための「宿」を作る理由

この建物は、2015年秋、箱バル不動産のメンバーが中心となり保存に向けて動いていた建物だ。その努力が実り、2016年夏には函館市で63軒めの伝統的建造物の指定を受けた。そして、この建物をどう利活用していくべきかを考えながら、「旧仁寿生命ビル再生プロジェクト」を進めてきた。

まず、「旧仁寿生命ビル」は、日本の道100選にも選ばれた地元の坂「大三坂」から、「大三坂ビルヂング」に改名された。そして、2017年12月にはここで複合商業施設を、そしてその後方にある古民家では、函館の暮らしを見つける宿「SMALL TOWN HOSTEL」をオープンする予定だ。観光客のためだけじゃない。町のための「宿」を作る理由

「SMALL TOWN HOSTEL」では、函館が日本のストーブ発祥の地ということもあり、蓄熱式薪ストーブを取り付けるとのこと。他にも、地域の学生が北海道産ホタテ貝入りの漆喰塗りを手伝ったり、地域住民が一緒になって西部地区のマップを作ったりしながら、着々と準備が進められている。観光客のためだけじゃない。町のための「宿」を作る理由

結局、一番大切なことって?

私も地方出身なので、町おこしの問題は人ごとではない。町が寂れ始めた時私たちは何をすべきなのか、何度も考えたことがある。

外に向かって情報を発信するのはもちろん大事だ。けれど本当に重要なことは、そこに住む人たちの町への愛着だと思う。自分たちが町を大切に思えること、そして愛していけること。

だから、「SMALL TOWN HOSTEL」の内側から溢れ出るポジティブなエネルギーは、同じような問題を抱える町にとって、ひとつの希望になるんじゃないか、と感じている。

現在、クラウドファンディングサイト「Readyfor」にてこのプロジェクトのサポーターを募集している。締切は8月31日(木)23:00。Licensed material used with permission by Readyfor

関連記事リンク(外部サイト)

なんで、北海道は「新幹線移動」がおすすめなの?
とある男性が、北海道の小さな町で「木の車椅子」を作り続ける理由
浅草に登場した日本文化の発信地「ブンカホステル東京」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。