体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

とにかくカッコいいC-HRは実用性も兼ね備えている【クローズアップ前編】

この車に乗るなら……という視点で人気車が持つ魅力に注目するカーセンサー(雑誌)の連載。今回はトヨタ C-HRをクローズアップ!

▲昨年12月、トヨタが満を持して人気のコンパクトSUV市場に放ったモデルがC-HRだ。プリウスに続き、トヨタの次世代プラットフォーム「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」を採用した。奇抜なスタイリングが特徴的。ガソリンモデルとハイブリッドモデルがあり、4WDはガソリンモデルのみ。SUV販売台数では5ヵ月連続で1位を獲得している(自販連調べ)

▲昨年12月、トヨタが満を持して人気のコンパクトSUV市場に放ったモデルがC-HRだ。プリウスに続き、トヨタの次世代プラットフォーム「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」を採用した。奇抜なスタイリングが特徴的。ガソリンモデルとハイブリッドモデルがあり、4WDはガソリンモデルのみ。SUV販売台数では5ヵ月連続で1位を獲得している(自販連調べ)

今の時代に求められるカッコよさを備えたC-HR

2015年の東京モーターショーに展示されたC-HRコンセプトは実にカッコよかった。コンセプト段階ではより大胆なスタイリングをしていたが、それを制約の多い市販バージョンによくぞここまで落とし込んだなと感心した。凹凸が多く、一見キテレツなのだが、少し離れて見るとうまくまとめられているのがわかる。これまでのトヨタ車に見られなかったスタイルだが、カッコ優先に見えていて、実用性の高い5ドアハッチで、室内空間もきちんと確保され、おまけにハイブリッドで燃費も良いなど、トヨタ車らしさも備わっている。

この車を見ていると、カッコいい車は実用性が低く、実用性を重視した車は野暮ったいという、かつての大まかな大前提が崩れつつあるのを感じる。車そのものに憧れる時代は過ぎ去り、最もわかりやすい性能の指標だった“速さ”を想起させるスタイリングの車に皆が憧れる時代でもなくなった。代わって求められるようになったのは、カッコよいうえに高い実用性と経済性が備わる車なのではないだろうか。モーレツ社員よりイクメンが求められる時代ということを考えれば、なんとなく理解できる気がする。

▲SUVらしく多人数乗車に荷物満載という使い方も、クーペのようにパーソナルな使い方もできるうえに、コンパクトハッチ並みの機動性も備わるというのがこの車のキモ。もちろん、会社帰りにゴルフ練習場に立ち寄るような日常的な使い方にも適している。ハイブリッドで燃費もよし

▲SUVらしく多人数乗車に荷物満載という使い方も、クーペのようにパーソナルな使い方もできるうえに、コンパクトハッチ並みの機動性も備わるというのがこの車のキモ。もちろん、会社帰りにゴルフ練習場に立ち寄るような日常的な使い方にも適している。ハイブリッドで燃費もよし

ユニークなスタイリングは多用途性を表現!?

横から見ると一見、3ドアハッチバックに見えるが、デザイン処理によってリアドアノブが隠されているだけで、実際には5ドアハッチバックだ。車体はリアに向かって絞り込まれたように見えるが、それもそう見えるだけで、後席は頭上、足元ともに十分なスペースが確保され、ラゲージスペースもクラス平均以上の容量が確保される。

ハイブリッド車とガソリン車から選ぶことができる。ハイブリッドだと4WDを選べないのが玉にきずだが、同じ車台を使うハイブリッド専用車のプリウスには4WDもあるから、ハイブリッドのC-HRにもいずれ4WDが追加されるのではないか。

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会