ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Okada Takuro(ex.森は生きている)新曲に元メンバーも参加

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Okada Takuro(ex.森は生きている)新曲に元メンバーも参加

 2枚のアルバムを発表して2015年に突如解散をした、森は生きている。そのリーダー岡田拓郎が、ソロ名義Okada Takuroとして新曲「硝子瓶のアイロニー」を発表(https://youtu.be/nlsfNFOOOWI)。配信もスタートした。

 2015年の森は生きている解散後、映画『PARKS パークス』への楽曲提供やSouth Penguinの作品プロデュース、『MUSIC MAGAZINE』での執筆活動、okada takuro+duennとしてコラボ盤リリースなど多岐に亘って活動を行っていた岡田。新曲「硝子瓶のアイロニー」はOkada Takuroソロ名義としては初の配信リリースとなり、マスタリングはボブ・ディランからボン・イヴェールなど数々の名作を手掛け、グラミー賞ノミネート経験もあるエンジニア、グレッグ・カルビが手掛けている。

 また、同じく元・森は生きているの谷口雄がアコースティック・ピアノ、吉田ヨウヘイgroupの西田修大がエレキ・ギター、さらにジャズ・ドラマーの石若駿がドラマーとして同楽曲に参加している。

◎リリース情報
Okada Takuro(岡田拓郎)
新曲「硝子瓶のアイロニー」
2017/07/21 DIGITAL DISTRIBUTION
レーベル:Hostess Entertainment
URL:http://bit.ly/2uOxKs9

関連記事リンク(外部サイト)

次世代音楽シーンを活性化させるバンドWONKが、ビルボードライブ大阪で公演を開催
DATS、WONK、DENIMSら、【RUSH BALL】のスピンオフイベント【ATMC】で七夕の夜に集結。ライブレポートが到着。
向井太一、プロデューサーに高橋海(LUCKY TAPES)を迎えた新曲「FLY」が配信スタート

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。