ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

映画『Catfish(原題)』の監督たちがビデオゲーム『ロックマン』の映画版の監督を務める交渉中

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

映画『Catfish(原題)』の監督を務めたヘンリー・ジューストとアリエル・シュルマンが、米20世紀FOXとチャーニン・エンターテイメントによるテレビゲーム『ロックマン』をもとにした映画で監督と脚本を手掛ける最終交渉に入っている。

同作は、カプコンによるビデオゲーム『ロックマン』シリーズをもとに、チャーニン・エンターテイメントがマシ・オカとともにプロデュースを手掛ける。

『ロックマン』は1987年に初登場し、50本以上のゲームが複数のハードで発表され世界中で3000万本以上を売り上げた。ドクター・ライトによって作られたロックという名の研究所アシスタントのロボットが人類を救うために自身を戦闘モードにアップグレードするストーリーだ。

映画版のあらすじはまだ明らかになっていない。

米FOXに拠点を置くチャーニン・エンターテイメントは、映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(原題)』、映画『ドリーム』、エイミー・シューマーとゴールディ・ホーンが共演したアクション・コメディ映画『Snatched(原題)』、映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』をプロデュースした。イドリス・エルバ主演のロマンス・アドベンチャー映画『The Mountain Between Us(原題)』、ヒュー・ジャックマン主演のP・T・バーナムの伝記映画『The Greatest Showman(原題)』のプロデュースも手掛けた。

ジュースト監督とシュルマン監督は、ドキュメンタリー映画『Catfish(原題)』や、シーズン6に入った同名テレビシリーズを手掛けたチームだ。2人が監督した映画には、映画『NERVE/ナーヴ 世界で一番危険なゲーム』、映画『パラノーマル・アクティビティ』の3作目と4作目、映画『ヴァイラル』がある。

ジュースト監督とシュルマン監督は、CAA(クリエイティブ・アーティスツ・エージェンシー)、リシュター、グロスマン、ニコルズ、アドラー&フェルドマンと代理人契約を結んでいる。

カテゴリー : エンタメ 映画 タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。