体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

7月1日発売!美顔ローラー『V face(ブイフェイス)』マッサージローラーと微弱電流でお肌はどう変わる?

いまやエステティックサロン並みのフェイスケアがおうちでできる時代! 7月1日に発売された美顔ローラー『V face(ブイフェイス)』は、お肌のリフトアップやターンオーバーの改善を求める女性のために生まれた最新美容家電。『V face』のマッサージローラーと微弱電流の効果はどれほどなのか、実際に使用して確かめてみた!

 

ホームエステの必需品「美顔ローラー」の進化が止まらない!

雑誌やWEBの「欲しい美容家電ランキング」で、常に上位に姿をみせる「美顔ローラー」。あごや頬にローラーをコロコロすべらすだけの手軽さから、毎日のスキンケアとして取り入れる女性は多い。しかしその種類、品質、お値段は千差万別。1000円未満で購入できるプラスチック製のものから、チタンやゲルマニウムなど材質にこだわったもの、微弱電流や低周波電流が流れるサロン品質のものまで様々な製品が存在する。

 

株式会社TIME LAB(神奈川県横浜市)『V face(ブイフェイス)』(希望小売価格 税抜19,800円・7月1日発売)は、エステティックサロンやリラクゼーションサロンの施術でおなじみの「微弱電流」(マイクロカレント)のパワーでフェイスケアができる美顔ローラー。現在は一部の美容サロンで使用されている特別な製品だが、まもなく一般への販売もスタートする注目のアイテム!

 

夏は特に冷房によるお肌の乾燥や紫外線ダメージ、睡眠不足、食生活の乱れ、不規則な生活、ストレスなど女性の天敵が押し寄せる時期だから、お肌の調子を整えて少しでも美しくなりたい! 美顔ローラー『V face』にはどれほどの効果があるのか、実際に使って体感してみよう!

 

『V face(ブイフェイス)』は、マッサージローラー×微弱電流でお肌にアプローチ!

20代後半を過ぎると、きちんとスキンケアをしていても乾燥肌が続いたり、傷の修復が遅くなったり、シミが増えたり濃くなったりと様々な自覚症状を持つことがある。「これって、高い化粧水や美容液に変えないとダメなの?」と悩んでしまうことがあるが、実は悩みの根本は「皮膚のターンオーバー」にあることも。

 

人の皮膚は、約28日間かけて新陳代謝をして新しい細胞に生まれ変わるターンオーバーを繰り返していて、加齢をはじめ、睡眠不足や食生活の乱れ、ストレスなど様々な要因でこの周期が伸びてしまう。お肌の悩みがどんどん増えるのは、ターンオーバーの機能が衰えてきたサインなのだ。

そんなとき頼りたいのが、美顔ローラー。『V face』は4個のマッサージローラーと微弱電流(マイクロカレント)でリンパを刺激し血行促進を促すという。微弱電流(マイクロカレント)は私たちの身体にもともと流れている生体電流に近い電流で、細胞内のミトコンドリアに働きかけ、新陳代謝の促進や細胞の修復を助けてくれる。代謝が良くなり、細胞が本来の働きを取り戻せば、お肌のハリがアップしたりシワやシミの改善にもなるというもの。自分の肌本来のパワーを取り戻すことで、一年中美しい肌を目指したい。

 

しかも微弱電流は、『V face』に備わっているソーラーパワーでまかなわれるので電池交換や充電は必要なし! いつでもどこでも気軽にフェイスケアができる!

 

『V face』の効果は?使い心地は?徹底検証!

『V face』は上品なボックスに入っていて、中には本体と専用ポーチ、クリーニングクロス、そして説明書が入っている。本体は銀色のスティックで、先端に4つのローラーがついている。使わないときは専用ポーチに入れるだけ。化粧ポーチにも入ってしまうほどコンパクトなので、持ち運びは簡単。乾電池も充電も必要ないので、出張や旅行の際にも持っていきやすい。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。