体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

現行BMW 3シリーズの低走行物件がもはや100万円台で狙えること、ご存じでした?

▲上質でありながらスポーティでもあるということで、世界中で大人気となっている現行BMW 3シリーズ。新車価格は399万円~ですが、中古車なら、走行距離短めの物件でも最近は100万円台でイケてしまうのです!

▲上質でありながらスポーティでもあるということで、世界中で大人気となっている現行BMW 3シリーズ。新車価格は399万円~ですが、中古車なら、走行距離短めの物件でも最近は100万円台でイケてしまうのです!

必要な予算は手頃な国産新車を買う場合とほぼ同じ

ドイツが誇るBMW 3シリーズ、それも現行型と聞くと、多くの人は自動的に「でもどうせ高いんでしょ?」と思うかもしれません。しかし今、現行BMW 3シリーズは車両100万円台でも買えてしまうことをご存じでしょうか?

それも過走行のボロボロ系ではなく、走行2万km台までのなかなか好条件な中古車が、です。

もちろん実際の市場にある中古車は1台ごとに千差万別なんですが、イメージとしては「12年式BMW 320i/車両182万円/走行2.1万km/右H/AT/純正HDDナビ/バックカメラ」みたいな感じです。

……どうでしょう? もしもあなたが「そろそろビーエムあたりに買い替えてみたいんだけど、さすがにちょっと高いんで、代わりに国産のアレのWebカタログでも見てみようかな……」などと考えていたタイミングでしたら、中古車にはなってしまいますが、ぜひ現行BMW 3シリーズにも注目していただきたいと思います。

▲こちらが現行BMW 3シリーズ。日本仕様は12年1月に販売開始となり、マイナーチェンジを経て現在も販売されています。基本となるパワートレインは2L直4 直噴ターボ+8速ATという組み合わせですが、3L直6ターボやディーゼルターボ、ハイブリッドモデルなどもラインナップしています。また16年10月からは1.5L直3ターボの318iも追加されました

▲こちらが現行BMW 3シリーズ。日本仕様は12年1月に販売開始となり、マイナーチェンジを経て現在も販売されています。基本となるパワートレインは2L直4 直噴ターボ+8速ATという組み合わせですが、3L直6ターボやディーゼルターボ、ハイブリッドモデルなどもラインナップしています。また16年10月からは1.5L直3ターボの318iも追加されました

▲グレードや年式によって細部は微妙に異なりますが、現行BMW 3シリーズのコックピットはおおむねこのような雰囲気。……この世界観が100万円台で手に入るって、よく考えたらすごいですね

▲グレードや年式によって細部は微妙に異なりますが、現行BMW 3シリーズのコックピットはおおむねこのような雰囲気。……この世界観が100万円台で手に入るって、よく考えたらすごいですね

ただし「モデル末期」「320iばかり」という問題はある

車両価格で180万円ぐらいといいますと、支払総額は200万円ぐらいでしょうか。これも実際は千差万別なんですが、まぁそのぐらいになる場合が多いでしょう。約200万円というのはそれなりの大金であることは間違いありませんが、現行型のBMWを買うにあたっては「安い」と言える金額です。

で、世の中には「理由なく安いモノ」というのは基本的にはありませんので、今回推している「100万円台の現行BMW 3シリーズ」にも当然、いくつかの“理由”はあります。

理由その1は「モデル末期だから」ということ。

現行BMW 3シリーズのデビューが12年1月ですので、そろそろフルモデルチェンジが行われてもおかしくありません。メーカーからの正式な発表はまだ何もありませんが、噂では「18年中にも次期型が登場か?」なんてこともいわれています。

このあたりについては何とも言えませんが、旧型3シリーズ(E90型)の販売期間が05年4月から11年12月までの約6年半だったことから考えると、やはり「そろそろ」と考えるのが妥当なはず。

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。