ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

東京で遺品整理を頼むならここ!おすすめ遺品整理業者4選まとめ

  • ガジェット通信 GetNewsを≫

「遺品整理」という言葉を聞いたこと、ありますか。簡単にいえば身内が亡くなった時に、その家のモノを片付けることです。でもこの「遺品整理」にはさまざまな種類のトラブルが発生することがあり、注意が必要です。
この機会に「いざ、その時」をシュミレーションして、心の準備をしましょう。さらに遺品整理を手伝ってくれる業者をリストアップしておけば、いざという時にあわてません。
今回は東京でおすすめの店舗4選をまとめました。さらに業者選びのコツも紹介します。

東京で遺品整理をする!おすすめ店舗4選

null

東京でおすすめの遺品整理店① 遺品整理Will

null出典:遺品整理Will

東京都を中心に遺品整理を行っている「遺品整理Will」。東京や神奈川などの首都圏と静岡県エリアにも訪問可能です。事前見積もりで納得してから依頼することはもちろん、急な案件にも24時間365日で対応してくれます。

遺品整理のほか、生前整理、空家整理、ごみ屋敷の片づけも。見積もりは無料です。Willの特徴は、間取りタイプ別の「詰め放題プラン」があること。例えば1Kなら所用時間は1時間で軽トラック乗せ放題、料金か2万9800円から。万が一の時も損害保険付きなので安心ですね。

作業の流れとしては、電話またはメールで問い合わせ、見積もり、訪問、作業開始後のアフターフォローも万全なのだとか。東京都であっても遠方だという方の依頼もOK。期間限定で割り引きキャンペーンなどの特典もありますよ。ホームページをチェックしてください。

東京でおすすめの遺品整理店② クリーンキューブ

null出典:クリーンキューブ

「クリーンキューブ」は創業30年、東京・八王子にある「小松急送」が事業の一環として遺品整理サービスを行っています。東京地元の企業が運営しているので、安心して遺品整理も任せられますね。他にも、部屋の片づけ、住居の片づけ、ハウスクリーニング、賃貸住宅残置物撤去などのサービスも。相談は無料、事前見積もり対応です。

さらに諸事情で当日立ち会えない時のために「信頼お任せパック」というサービスもあります。料金は、完全事前見積もりシステムです。料金の目安としては。1Kで7万円から。ここには貴重品検索にかかる作業費、分別にかかる作業費、搬出にかかる人件費、運搬にかかる車両代金、清掃費用が含まれているのだとか。

東京でおすすめの遺品整理店③ あんしんネット

null出典:あんしんネット

「遺品整理のあんしんネット」は、メディアなどで露出が多く、東京だけでなく全国的に知名度の高い業者さんです。例えば、2年前にドラマ化された「遺品整理人 谷崎藍子」シリーズでは監修協力をしています。またバラエティー番組などで業界の実情を伝えているほか、新聞、雑誌でも数多く取り上げられています。

そんなPR活動を熱心に行っているのも、業界のことを少しでも知ってもらおうという企業努力の賜物です。また「高齢者のゴミ問題」や「孤独死・孤立死問題」にも取り組んでおり区役所などで講演会やセミナーを開催しているのだとか。

遺品整理の料金表も明快です。事前見積もりにも対応しています。あんしんネットグループでは東京だけでなく全国に対応可能。東京にお住いの方以外にもおすすめです。主な業務は不用品の整理、部屋の片づけ、老人ホーム等への引っ越しなど幅広く対応しています。生前見積もり等も。本社は東京都大田区にあります。

東京でおすすめの遺品整理店④ 遺品整理クリーンサービス

null出典:遺品整理クリーンサービス
「遺品整理クリーンサービス」は東京の遺品整理業者の中でも一目置かれた存在といえるのかもしれません。それはお客様満足度が98,7%という数字にも表れていますが、ここが有名なのは、海外のサイトで紹介されたこと。それは「世界で最も悲哀に満ちた仕事」特集でした。

東京などの都会に多い「孤独死」した人の部屋を片付け遺品処理を行う「特殊清掃専門」の業者として名高いのです。さらには「孤独死整理本部」という独自のサービスもあります。ゴミ屋敷を片付けるサービスも得意なのだとか。

通常の遺品整理に関しては、まずは事前に電話などで訪問の日にちを決めます。当日に現場で最速15分程度で見積もりを提示してくれます。さらに見積もりに来たスタッフが当日の作業、終了確認、清算まで担当するのも特徴です。しかも片付け後は水回り、トイレベランダほか部屋のフルクリーニング付きですよ。

東京での業者選びのコツ

null

遺品整理の料金相場を知っておく

結論からいうと遺品整理が遺族だけてできるのであれば、業者に頼む必要はありません。では、業者に頼む場合、考えられる状況とはどういう状態でしょうか?

・遺品が大量にある
・ごみ屋敷状態になっている
・身内が亡くなって時間が経ってから発見された
・引っ越しをする
・賃貸住宅だったのでクリーニングが必要
・リフォームをする
以上の項目にあてはまる場合、遺品整理業者に頼む必要があることでしょう。こんな時、発生する料金の目安があらかじめ分かっていれば安心です。ただし、東京は全国の相場より若干高めです。
出典:遺品整理マイスターズ

遺品が売れそうなら買取業者に頼む

遺品はゴミではありません。まだ使えるモノがありそうなら買取専門の業者に依頼しましょう。東京に限ったことではありませんが、遺品整理業者の中には、買取にも対応してくれるところもあるでしょう。ただしこの場合、必ず古物商許可証を持っているかどうか確認をしてください。買取専門店でない場合、往々にして安く買いたたかれてしまうことがあるからです。

遺品整理士がいるかどうかも目安になる

遺品整理業界の健全化をはかるために、社団法人・遺品整理士認定協会が「遺品整理士」という資格を出しています。法的な効力はないものの、遺品整理士にはしっかりとした知識があります。遺品整理士がいるかどうかも判断の目安になります。また不用品を処分してくれる場合、「一般廃棄物収集運搬許可証」を持っている業者かどうか確認をしましょう。

複数の業者に見積もり依頼をする

業者に頼む場合、必ず東京に対応している数社に見積もり依頼を出してください。その上で業者を決めるようにしましょう。特に突然遺品整理をすることになった場合、冷静な判断が失われていることもあります。まずは落ち着いてから行動に移しましょう。

東京の遺品整理業者についてのまとめ

null

遺品整理を行う上で注意したいのが、故人が賃貸住宅などに住んでいて家賃を滞納していたり、借金を抱えていたなどの場合です。遺品整理を行い買取してもらった遺品が売れて、思わぬ収入が手に入ったために「相続人」と認められてしまうことも。その結果、家賃や借金を背負うことになってしまうことがあります。

故人と疎遠だった場合は、借金の有無や家賃を滞納していないか事前に調べましょう。疑わしい時は遺品整理をする前に、弁護士など専門家に相談し相続放棄の手続きを取りましょう。
東京にお住いの方や、故人が東京に住んでいた方など、東京で遺品整理をするのであれば、今回おすすめした東京に対応している業者さんを選びましょう。
東京の遺品整理業者を探している方のお手伝いができたなら幸いです。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。