体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Bot開発のエキスパートに聞いた!プログラミング初心者こそChatbotを開発すべき理由とは?_[PR]


「僕の周りでは、ヤマト運輸さんのBotはかなり活用していただいています」


「ヤマト運輸さんのBotは私も使ってますね。荷物がいつ届くのか事前に知らせてくれるし、再配達のお願いも楽だし、すごく便利です」


「僕も使ってます。便利なだけじゃなくて、語尾に『にゃん』をつけて話しかけると、ちゃんとねこ語で反応してくれたり、愛嬌があっていいですよね」


ヤマト運輸のLINE公式アカウント


「Botって既存のUIと比較すると、想定外の入力が多そうなイメージがあります。そういうところにも柔軟に対応しなきゃいけないと思うと、大変なんじゃないですか」


「ヤマト運輸さんでもそうですが、リッチメニューを入力の代わりに使っていることは多いです。LINEカスタマーコネクトのような質問Botですと、AIを用いてうまく対応できるようにしています。それでも対応できないときは、オペレーターに切り替えています」

Bot開発は、プログラミング初心者にこそオススメ


「プログラミング初心者で『何から始めればいいですか?』という人に、昔は『自分のWebサイト作るのがいいんじゃないか』ってアドバイスしていたんですけど、最近は『初心者ならChatbot作りなよ』って言っています」

前のページ 1 2 3 4 5 6 7次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。