体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Bot開発のエキスパートに聞いた!プログラミング初心者こそChatbotを開発すべき理由とは?_[PR]

2017年、Chatbotイヤー到来!

※本企画はLINE株式会社の提供でお送りします。

こんにちは、池澤あやかです。

テクノロジーの流行りには積極的に乗っていくスタイルを貫いています。
というわけで、今回はChatbot(チャットボット)がテーマです。

2016年から今年にかけて、FacebookやLINE、MicrosoftなどのプラットフォーマーからChatbot APIがリリースされました。

2017年はChatbotイヤーといわれるくらい盛り上がってきましたね。

この機会にオリジナルのBotの作成に挑戦してみた方も多いのではないでしょうか。

もちろん、私もその一人です。公開されているAPIドキュメントやサンプルプログラムを見れば、シンプルなBotなら簡単に作ることができます。

今回お世話になるのは、LINE株式会社さん。

LINEからは、自分たちのサービスやプログラムとLINEトークルームを連携できる『Messaging API』がリリースされています。このAPIを利用すれば、個人でも簡単にLINE BOTを制作することができます。

LINE BOTは、テキストで返事をするだけでなく、画像やムービー、音声、地図を用いることができたり、入力インターフェースとして、ボタンやカルーセルなど便利なUIを用意していたりするのも特長です。

豊富UIで活用の幅も広がりますね。(公式サイトより引用)

Chatbotは本当に流行るのか?

「Chatbotこそ次世代のインターフェース」として、FacebookがMessengerに対応したAPIをリリースしたことがきっかけとなり、現在はブーム真っ只中ともいえるChatbot。

果たして、本当に新しいインターフェースとして社会に定着していくのでしょうか?


「そもそもなんですが、Chatbotは今後も流行ると思いますか?」


「コミュニケーションの中に新しい価値を作るというところで流行ると思います。Webは発信側と読者やユーザがハッキリしているんですが、チャットはコミュニケーションなのでユーザ同士の双方向のやりとりの中にいろいろな価値を持ち込めるのが面白いですよね。

僕自身、社員の出退勤を記録するためのBotから、グループチャットで社員同士の会話にちゃちゃをいれてくれるBotまで、いろいろと開発してきました」

増井雄一郎さん(株式会社トレタCTO)。『Titanium Mobile』の伝道師としての活躍や、「MobiRuby」「wri.pe」などの開発者として知られる。お風呂の中でゴリゴリプログラムを書く「風呂グラマー」としてもお馴染み。
1 2 3 4 5 6 7次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。