体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ピーク時は10分おきに吐いていた…。一生分の吐き気を使い果たしたような1日

ピーク時は10分おきに吐いていた…。一生分の吐き気を使い果たしたような1日 f:id:akasuguope04:20161021162455j:plain

つわり」・・・

この言葉の響きを聞くだけで気分が悪くなる私です。

つわりはない人もいますよね。

わたしの周りの妊婦さんの3分の2はつわりはないという感じです。

その友人たちは、口をそろえて、「つわりがないと、母親になった実感がない~!」や「お腹に赤ちゃんがいる実感がない~!」「赤ちゃんがちゃんと育っているか心配!」などと言ってました。

つわりのあった私から言わせてもらうと、つわりは体験しなくて済むのならしないで母親になりたいと心から伝えさせていただきたい!

私は2人、男の子と女の子を出産しましたが、2人ともつわりがありました。つわりの期間もほぼ一緒。

妊娠9週~妊娠20週くらいまでの約3ヶ月間はつわりとの闘いでした。

とにかく、何をしていても気持ちが悪い。

私は吐きづわりだったので、つねにエチケット袋を持ち歩きながら仕事をしていました。

駅のホームのベンチでよく「うう~」としているのが定番。

ただ、つわりのピークはこんな状況では済まず仕事を2週間お休みしました。

数週でいうと、11週~12週。この期間が本当に辛かったです。

どんな状況かというと、まず、気持ちが悪くて、立てない、歩けない状況。

テレビも見れない、本も読めない、メールも見れない、ネットサーフィンもできない。

そんな状況に突然11週くらいからなり始めました。

朝起きて吐き、お昼前に吐き、お昼に吐き~と2時間おきくらいに吐く生活。

ただ、そんなつわりの日常でも凄まじく吐く日がありました。

それは、10分おきに吐くという、人生で吐く分を一気に吐いてしまったのではないかという一日が・・・

その日は、もう、プチパニック!

主人には、仕事を早めに帰ってきてもうらように電話し、そして、辛すぎて辛すぎて、母に電話してしまうくらい!

電話される母もどうしようもなく困っていたと思うけど、自分もどうしていいか分からず。

電話口で「辛いよ~おえっ」と言っていました。

気持ち悪くて泣いた日は、後にも先にもこの日しかないかと思います。

水を含むだけでも気持ち悪く、トイレへ吐きに行き、辛くて寝る。そしてまた水を飲み吐く・・・とこれを繰り返していました。

こうやって振り返ると、その状況は少し笑えるけど、その当時の本人はとてもじゃないけど、人間であることを忘れてただただ、悶え苦しんでいたと思います。 関連記事:石鹸を使えば嘔吐、車内の匂いで窓が閉められない! いつになったらつわりは終わる?

そうして、少しずつ吐く回数も減りご飯も食べれるようになり、落ちた体重も見事にもどり・・・と普通の生活に戻っていきました。

つわりはいつ終わるか、人によって違います。

つわりの最中は、ゴールの見えない戦いのように思えて気が滅入ります。

1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会