体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

北海道に移住したアウトドア素人が勢いとノリで北海道に山を買った話

北海道に移住したアウトドア素人が勢いとノリで北海道に山を買った話

東京から北海道に移住して5年がたち、住まいのある岩見沢市街地から車で20分ほどのところの山を買った。山や森、アウトドアにとくに精通しているわけでもなく、林業になじみがあるわけでもなく、ほぼ勢いとノリで買った山。いま1年半が過ぎ、山には思いがけない楽しみがあることをたくさん知った。素人体験談をご紹介!

山はどこで売っているの? 手探りで始まった土地探し

東京で約20年、アートやデザイン関係の書籍や雑誌の編集に携わっていた私が、夫の実家のある北海道岩見沢市へ移住を決めたのは、東日本大震災がきっかけだった。長男はこのときまだ1歳にもなっておらず、田舎でのびのびと子育てをしたいという思いもあって、2011年夏に住まいを移した。

右も左も分からない土地で心細い思いを抱きながら始まった暮らし。月日がたつにつれ、「自分はここで何ができるのか?」と自問自答するようになった。そして、あるとき北海道へ移住を希望する友人たちと、ともに暮らせる場所をつくってみたいというアイデアが浮かんだ。こちらに引越してから、東京の友人が何人も訪ねてきてくれ、「北海道ってサイコー」とリフレッシュして帰る姿をたびたび見た。できれば東京を離れたいと思っている友人も多く、ならばこの地で、長期でも短期でも滞在でき、互いに助け合って自給自足的な暮らしを営む「エコビレッジ」をつくってはどうかと思うようになったのだった。

こうしてエコビレッジをつくろうと思い土地探しを始めたわけだが、不動産物件を見ると、地価は安いとはいえ、広い土地は1,000万円以上となかなか高くて手が出せない。悩んでいたあるとき、「山を買う」という選択肢もあることを友人が教えてくれた。「えっ、私でも買えるの?」と半信半疑でネット検索してみたところ、地域の森林組合で、森林売買のあっせんもしていることが分かった。善は急げということで、調べたその日に思い切って電話を。それがすべての始まりだった。【画像1】山が買えると教えてくれたのは農家の友人・林宏さん。一緒に山が買えたらいいねと意気込み山ポーズ!(写真撮影/來嶋路子)

【画像1】山が買えると教えてくれたのは農家の友人・林宏さん。一緒に山が買えたらいいねと意気込み山ポーズ!(写真撮影/來嶋路子)

山って千差万別。素人では現地に踏み込めない!

森林組合に電話をかけると、とてもやさしそうな女性が応対してくれた。そして「一度いらしてみてはいかがですか?」とあっさりアポイントが取れ、一週間後に出向くことに。「エコビレッジのような場所をつくりたい」という私の夢物語を親身に聞きいれてくれ、何枚もの地図を見せてくれた。

いくつかの地図をもらい、組合の人がアクセスしやすいと教えてくれたいくつかの場所に赴いてみたが、驚いたことにほとんど現地にたどり着けなかった。確かに公道に近く、現地の周辺まではたどり着けるが、山はたいてい沢を区切りとして所有者がわかれているので、深い沢があって先に行けなかったり、そそり立つような急斜面で登れなかったり。また、わりと平たんな土地でも、私の背丈を優に超す草が生えていて、容易に前へ進めないなど、さまざまな困難があることを知った。

「これは……、一筋縄ではいかないぞ」。そんなふうに感じていたときに、またもや友人からのアドバイスがあった。山に詳しい達人を、私に紹介してくれたのだった。【画像2】向かいが売っているという森林だが、手前に深い沢があって入ることができない(写真撮影/來嶋路子) 【画像2】向かいが売っているという森林だが、手前に深い沢があって入ることができない(写真撮影/來嶋路子)【画像3】グーグルアースで見たところ、アクセスしやすい良さそうな土地と思ったが、行ってみたらかなりの急斜面……(写真撮影/來嶋路子)
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会