体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

家の中が良い香りで満たされる!香りのプロがすすめるアロマアイテム5選

家の中が良い香りで満たされる!香りのプロがすすめるアロマアイテム5選

友人の家に招かれて、部屋に入るとふわっといい香りがする……、消臭剤でも芳香剤でもない、どこか安らぐ心地よい香り。どういう香りを使っているの? と気になりますよね。植物などの香りの成分を抽出したエッセンス、アロマオイルなら、香りを楽しむさまざまなアイテムがあります。アロマテラピーやメディカルハーブを本格的に学び、アロマ・アドバイザー等の資格をもつ香りのプロ、小田ゆきさんに部屋別の香りのアイテムの選び方、楽しみ方を聞いてみました!

そもそもアロマオイルって何? 特徴や効能とは?

「アロマオイルで特に人気なのは、精油と言われる天然のエッセンシャルオイルです」と小田さん(以下同)。

エッセンシャルオイルは、一般的に、植物の葉や花、果皮、根などさまざまな部位から抽出した芳香をもつ揮発性成分のことを指すそうです。最近は、インテリアショップや通販などでさまざまなものが販売されており、以前に比べて手に入れやすくなったといいます。

「天然のエッセンシャルオイルのほかには、人工香料を組み合わせたフレグランスオイルや、マッサージ用のオイルなどさまざまなタイプがありますが、天然のエッセンシャルオイルを用いた自然療法のことをアロマテラピーといいます。天然の有効成分を使って、美容や健康維持、ストレスケアに役立て、心や身体をより良い状態へと導いていく方法です。なんだか難しそう! と思われそうですが、暮らしへの取り入れ方はとっても簡単なんですよ」

「もっとアロマを暮らしの中で楽しんでほしい!」と小田さんは、2016年2月に、『AROMA LIFESTYLE(アロマライフスタイル)というWEBマガジンを設立。アロマを楽しむアイデアを紹介しています。さっそく部屋ごとにオススメのアイテムを紹介してもらうことにしました! 香りが穏やかで、リラクゼーション効果や抗菌、消臭など機能性がある天然のエッセンシャルオイルの香りを楽しむアイテムをメインに取り上げています。

スペースが限られた玄関には、ほんのり香る「リードディフューザー」を

玄関は家族が毎日使い、客人が最初に足を踏み入れる場所。だから、玄関に入ったときの香りは、家の印象を決めるといってもいいでしょう。だからこそ、いつもいい香りを保ちたいものです。

「玄関の小スペースには、『リードディフューザー』がオススメです。木製のスティックに浸透させたアロマオイルが揮発することで、空気中に香りが漂う仕組みで、電源は必要なく、置く場所を選びません。種類が多く、見た目もすてきなので、インテリアのひとつとして手軽に取り入れることができます」【画像1】「リードディフューザー」を玄関に置くだけで、家族や客人をほのかな香りでお出迎え(画像提供/小田ゆきさん)

【画像1】「リードディフューザー」を玄関に置くだけで、家族や客人をほのかな香りでお出迎え(画像提供/小田ゆきさん)

もともと入っている芳香液の容量にもよりますが、芳香液を継ぎ足す手間いらずで、1カ月程度もつそうです。もし芳香液が残っているのに香りがしなくなったらどうすればよいでしょうか?

「部屋の環境によっては、スティックが乾いてしまい、香りが弱くなってしまうことも。そんなときは、スティックを上下さかさまにして液の漬かっていたほうを上にしてみてください。リードディフューザーは合成香料でつくられたものが多いですが、最近では天然のエッセンシャルオイルを使用したものも増えています。人工の香料より複雑で奥行きのある香りで、抗菌・消臭などの機能性がある天然のエッセンシャルオイルを使用したものをオススメしたいです」

リビングには香りの拡散力がある「アロマディフューザー」を

家の中で比較的広い空間であるリビングにはどんなアイテムを使ったらよいのでしょう。

「空間が広いところには、香りを空気中に拡散してくれる『アロマディフューザー』が適しています。アロマディフューザーには数タイプあるのですが、アロマオイルを数滴入れた水をミスト状にして拡散する超音波式が値段も手ごろで現在の主流です。ほかに、最近人気が高まっているのは、アロマオイルだけを微粒子にして飛ばす気化式のアロマディフューザーです。アロマオイルの瓶をカチッとセットすれば、あとはスイッチをオン/オフと切り替えるだけ。超音波式で必要な水やアロマオイルの継ぎ足しが面倒という方にオススメです」【画像2】最近のアロマディフューザーは、素材や色、形などさまざまなデザインのものがそろう。インテリアに合わせて選びたい(画像提供/小田ゆきさん)
1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。