ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

【働き女子とドS男子】飛行機で隣り合わせた男子と同じ目的地に向かい…【旅×恋愛小説】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【働き女子とドS男子】飛行機で隣り合わせた男子と同じ目的地に向かい…【旅×恋愛小説】 【働き女子とドS男子】飛行機で隣り合わせた男子と同じ目的地に向かい…【旅×恋愛小説】

女性ばかりの職場で働く紗世は、仕事ひと筋で男の気配もなく、「仕事が恋人」のワーカホリック。

そんな紗世に、ある日、人事部から「有給休暇取得命令」が出る。

いきなり与えられた人生の休暇に、戸惑う紗世だったが――。

登場人物

稲垣紗世(25) 化粧品会社のOL

柳本光一(27) 会社員

鈴木マリ(26) 紗世の悪友、既婚

STORY

「仕事が好き」というと、変わり者扱いされる。

だけど、

中途半端な遊びや、確率論でしかないギャンブルより、仕事の方がずっと面白いと思うのは、私だけだろうか。

大学を卒業して今の会社に入り、ほとんど休み無しで働いている。

土日も仕事のために勉強漬け。いつか、海外で働くのが私の夢だから。

人は私を、「ワーカホリック」(仕事中毒)と呼ぶ――。

そんな私のストレス発散方法の一つは、学生時代の悪友マリと会っておしゃべりすること。

仕事が早く終わって時間があくと、ラインでマリに連絡する。

「今日20時、源治、どお?」

「了解。ダンナ出張中」

マリは2年前に仲間うちでもいち早く結婚し、今や都心の高級マンションに住む、悠々自適のセレブ妻だ。

マリと会うのは、気心がしれたいつもの店。

シャンパンやワインで気取る店じゃなくて、顔見知りのオヤジが営む、裏路地の安くて美味い名店『源治』。

常連の特等席で、話が他に漏れることはない。

裏路地の安くて美味い名店

今夜もほどよくできあがったマリが、私に語り始める。

「あんたがさ、仕事好きなのはわかってるけどさ、一生、それで終わるつもり?誰かと付き合ったり、結婚する気はあるの?」

「……そのうちね」

「そのうちっていつよ」

「そのうちっていえば、そのうちよ」

正直、目の前のことで精一杯で、自分の気持ちすらもよくわからなくなっていた。

いや、正直に言うと、仕事を理由にして肝心なこととは向き合おうとせず、先延ばしにしている自覚はあった。

ある日、会社の人事部に呼ばれた。

「もしかして、昇格? 海外赴任? 異例の抜擢とかですかー!?」

思わずスキップで人事部に向かったが、いきなりのカウンターパンチ。

「稲垣さん、あなた、有給休暇、まったく消化してないでしょ?」

ガーン、お休みをとるのは、会社員の義務なのですか。

私にお仕事、させていただけないのでしょうか……(涙)。

トボトボと執務室に戻る途中で、マリにラインを入れる。

セレブ妻は悠々自適だから、いつでも繋がるのが良いところ。

「人事から有給取得の命令あり。タスケテー!」

「了解。19時、源治でマツ」

店に先に来ていたのはマリだった。

手元には、何冊かの旅行雑誌と書籍類。

私の顔を見て、マリが叫ぶ。

「あ、キタキタ。おじさん、ウーロンハイ2つ!」

「あいよー」

ちょっと、勝手にウーロンハイにしないでよ。

でも今日の私は、そのままウーロンハイの気分。ありがとう、友よ。

マリがおもむろに切り出す。

「あのさ、来月が、旅行月って知ってる?」

「旅行月……???」

キョトンとする私。

「それって、新しい国の政策か何か……?」

「バカっ! アタシがあんたより、国の政策に明るいわけないじゃん!」

占いマニアのマリによると、旅行月というのは風水学に基づくもの。

特定の月の特定の日に、人それぞれにある開運方位へ旅行に出かけると、

通常の旅行よりも、開運効果が倍増する月のことをいうらしい。

それが、ちょうど来月だというのだ。

「アタシが方位見てあげるから、縁起の良い方向に出かけなさいよ。てか、もう調べてきたから」。

源治のテーブルの上で、ゴソコソと資料を広げるマリ。

その目が本気だった。

結局、私は、来月の4日間、自宅から西の方位にある、有名な縁結びの神さまに挨拶に行くことになった。

しかも近場ではなく、飛行機に乗っての大移動だ。

「縁結びって……。いいよ、そういうの」

「あのね、縁結びってのは、何も男だけじゃなくて、いろんな人との縁を取り持つんだから。だから、アンタの大好きな、仕事運アップにも効果があるのっ!!」

「仕事運アップ……!?」

私の中でスイッチが入った。

欲しい、仕事運! 欲しい、より良いご縁!!

「4日間で回れるプランは、適当に考えて後で送っておくから。くれぐれも、当日、寝坊とかするんじゃないわよ」

ニヒヒと笑うマリ。

実際、あらゆる占いや統計学を駆使し、セレブ妻おさまったマリの言動には、違う説得力があるのだ。

旅行当日。やっぱり寝坊した私。

仕事以外のことには、どうにもスイッチが入らないらしい……。

チケットの飛行機の時間を確認し、しばらく冷静に考える。

「タクシーと電車、どっちが早いか……。ヘアとメイクは省略するとして、バッグに最低限の荷物を詰めて……」

冷静沈着な優先順位付けの結果、なんとか飛行機には間に合った。

飛行機

髪はボサボサで、すっぴんだったけど。

「すみません」と人混みをかきわけて、なんとか席にたどり着き、シートに身体をうずめる。

ああ、これで1時間は寝ていられる――。

ふと見ると、隣席の男が私をじっと見ていた。

「何か……?」

「別に」

一度目をそらしたが、再び視線を感じる。

「な、何ですか?」

「……ガサツ」

「……なっ!?」

失礼な物言いに、腹が立った。

何この人! どうして知らない男に、そんなこと言われなくちゃいけないのっ!

そこから目的地までは、たぬき寝入りで過ごした。

本当は席を変えたくて仕方なかったけど、満席でそれも叶わなかったからだ。

そんな中、無事に飛行機は目的地の空港に到着。

「ああ、これでコイツともおさらばできる。言われたことは忘れよう」

マリお手製の『旅のしおり』をめくり、最初にお参りする神社情報を確認する。

日本でも指折りの有名神社だが、空港からの交通ルートは限られているようだ。

ふと見ると、例の男が、目指すバス停に並んでいる。

げっ、アイツもあの神社に行くのかな……。

プラン変更も考えたけれど、地方での一人旅は、移動手段が限られる。

急な予定変更後のキャッチアップに自信がなく、考えた結果、そのまま予定を実行することにした。

バスに揺られて、20分ほど。目的地の神社に到着。

鳥居が大きい――!

鳥居

鳥居に一礼し、参道に入る。

後ろを振り返ると、やはりヤツがいる。

思わず目があってしまい、慌てる私。

そんな私に、ヤツが声をかけてきた。

「先ほどはどうも」

「……どうも」

「ここ、来たんですね」

「ええ、いけませんか?」

「……いや、一人なんだなと思って」

「え?」

「ここ、縁結びの神さまでしょ?」

カチンと来た。

「あ、あなただって、一人じゃないですかっ!」

「あぁ、でも俺、そこの息子なんで」

と、大鳥居の前にある、一軒の茶屋を指差す男。

えっ、ここが地元の人なの!?

「久しぶりの帰省で、神さまに挨拶しようと思っただけなんで。それじゃ、失礼」

スタスタと先に行く男。ますますムカムカしてきた私。

「ちょっと、待ちなさいよっ! 地元の人なら、旅行者にやさしくしなさいよ。ここ、初めてなんだからっ!」

ピタリと足を止め、振り返る男。

またスタスタと戻って来て。

「……ごめん、知らなくて。旅慣れた風だったから」

いきなり謝られて、今度は引く私。

冷たいのか、やさしいのか、どっちかにしなさいよっ!!

「……ここの後、どこ行く予定?」

「えっ……!」

慌てて『旅のしおり』をめくり、地元の蕎麦の名店の名前を挙げると、うーんと思案顔で、

「あー、そこね。悪くないけど、代替わりしてからあんまり評判良くないんだよな。それよりもさ、地元の穴場、教えてあげるよ」

結局、ちょうどお昼どきだったこともあって、神社を参拝後、一緒にランチに流れることに。

なんか、コイツのペースになってるけど、ま、いっか。

一緒に行くのは、地元の穴場らしいし。

神社の中も、さすが地元民。神社の由来や神社や境内で見るべきポイントなどを的確に教えてくれる。即席ガイドとしても優秀だった。

本殿前で、縁結びの神さまに、

「私に、素敵な出会いをお願いします」

と丁寧にお願いする私。

縁結び

チラリと横目で見ると、ヤツも真剣な表情で手をあわせていた。

よく見ると、背も高いし、ちょっとハンサム。何を真剣にお願いしてるんだろ???

その後、化粧室に立ち寄って、鏡に映る自分を見て驚いた。

しまった、朝から眉毛なし!!!!

これじゃ、ヤツに不審がられるのも無理はない……(涙)。

化粧ポーチの七つ道具でササッと変身して、知らん顔してヤツに合流。

昔から、「化粧前後で別人」とは言われてきたけど、どうか変な突っ込まれ方、しませんように……。

「お待たせ」

メイク後の私を見て、明らかに動揺している男。

ふふふ、化粧の力、思い知ったか。

化粧品会社のOL、なめんなよっ!

その後、一緒に行った定食屋さんは最高だった。

地元の食材をふんだんに使った、安くて、美味しい、ヘルシーランチ。

ガイドブックには絶対載ってない、穴場中の穴場だったからだ。

料理を食べながら、ヤツが話し始めた。

「俺、柳本、柳本光一。18でここ離れて、今は東京」

「……稲垣です。私も東京」

「もともと東京の人?」

「いえ、実家は神奈川です」

「……何してる人?」

「会社員。化粧品関係の」

「……へぇ。なるほどね」

しばし無言の柳本。

何、きれいに変身した私を見て、惚れちゃった?

「……ヒマなんだ」

「えっ……」

「だって、平日のこんな時間にフラフラできるなんて、仕事、暇なんしょ」

白米をガツガツ食らいながら、柳本は無神経に語る。

ガマンガマン。ここで怒ったら、ヤツの思うツボだぞ、私っ!

怒る気持ちを抑えて、努めて冷静に話す。

「……会社で有給の取得命令が出たから、それで」

「……有給って、会社から命令されて取るものなんだ」

ますますカチンときたが、あー、ガマンガマン。

どうせ、もう二度と会わない人なんだから、

せっかくの旅の思い出を汚してはダメ、ダメよ、紗世っ!

しばらく経って、再び、柳本が語り始めた。

「……名前」

「稲垣です」

「いや、その……、名字じゃない方」

「あぁ……、紗世。稲垣紗世」

「へぇ、紗世さんか……。さよーでございますか」

小学校以来の寒いギャグに突っ込む気力もないまま、おいしいランチを平らげ、一緒に店を出た。

「……それじゃ」

「おう、それじゃ」

連絡先を交換するほどの親しさでもなかったから、本当にそのまま、柳本とは別れるつもりでいた。

彼が次の質問をするまでは。

「曲本神社は?」

「は?」

「曲本神社は、その『旅のしおり』に書いてある?」

ページをパラパラめくってはみるけれど、その名前の神社はなかった。

「ここは有名な観光地だけど、世間でまだ知られてない名所はたくさんある。4日もいるなら、曲本神社は行っとけよ。行かないと、絶対、後悔するからな」

不思議と言葉に力が入る柳本。

「……その神社に、何があるんですか?」

「てか、敬語。止めにしない?」

「……その神社に、何があるの?」

「行けばわかる」

結局、柳本のガイドで、曲本神社に向かうことに。

土産物屋などが立ち並ぶ街なかから、民家のエリアを抜けた所に、石組みの急な階段が現れた。

「……まさか、私にこれをのぼれって言うんじゃないでしょうね」

石組みの急な階段

ニヤリと笑う柳本。

階段は、二百から三百段くらいはあっただろうか。

登り終えた所に、竜をモチーフにした彫刻が施された、朱色の美しいお社が建っていた。

このエリアは昔、よそから来た修験者たちが立ち寄る場所だったそうだ。

備え付けの木のベンチに座り、柳本としばしの休憩。

「たしかに石段はすごかったけど、ここの何が有名なの?」

「……俺の母方のじいちゃんが、宮司をやってた神社」

「……!」

神社の一人娘のお母さんが今の家に嫁ぎ、神社は別の宮司さんが来て引き継いだという。ただ、子供の頃によく遊んだこの場所は、柳本にとって、特に思い入れのある場所のようだ。

「たしかにアタシもヒマ人だけどさ、柳本くんは、どうして今の時期に、帰省なんかしてるの?」

「……会社、辞めたから」

思いがけない言葉に絶句する。

すみません、気軽な感じで聞いちゃいました。

なんか、この人、思った以上にワケありみたい……。

「……大学出て今の会社入って、必死になって働いてきたけど、だんだん分からなくなってきたんだよな。このままでいいのかなって」

「……」

私も同じようなことを考えていた。

仕事は楽しい。仕事の成果はうれしい。

でも、この先に、一体、何があるんだろう。

そういう気持ちに蓋をして、見ないフリをしてきたからだ。

「だから、久しぶりにちょっと地元帰ってリセットしようかなって。使ってなかった有給がたんまりあってさ。だから俺も今、有給消化中。そういう意味では同じだな」

笑う柳本。

言わないけど、多分、いろいろあったんだろうな。

会社を辞めるって、すごく、大きな決断だもん。

そんな風に、しばらく曲本神社でまったりして、今度は同じ階段をおりて帰る私たち。

「……やっぱり女子は、神社とか好きなんだ」

「え、私? うーん、今回は友だち勧められて来たけど、こういう所に、あんまり軽はずみな気持ちで来たくない気持ちもあって」

「パワースポットとか」

「うーん、たしかにいて気持ちが良い場所ってあるけど、宗教とかよくわからないし。あ、占いは好きだけど」

「占い?」

「カピバラテレビって知ってる?その番組の朝の占い、好きなんだ。あれ、不思議と当たるんだよね」

「それってもしかして、司会者の後ろで、一般人が猛アピールしてる、あの番組?」

「あはは、そっちがメインじゃないんだけど。占いの結果が良いと、なんとなくその日は気分良くいられるっていうか」

「ふん、占いなんて非科学的だ」

「はいはい、どうせ私は、非科学的な人間ですよ」

そんな軽口を叩きながら並んで歩き、バス停に着いた。

なんだかんだで、今日は柳本デーだったようだ。

ちょうど遠くからバスも来て、超ラッキー。

なんとく沈黙する二人。

「それじゃ」

と別れようとしたが、柳本がカバンからメモ帳を取り出し、ラインIDを書きなぐって渡して来た。

「お前、食い意地がはってるみたいだから、腹でも下したら連絡しろよな」。

最後までぶっきらぼうな、柳本の言動がおかしかった。

突き放した物言いは、テレ臭さの裏返しだとだんだんわかってきたから。

その後の数日は、マリの『旅のしおり』を頼りに、時々、寄り道をしながら、のんびり過ごした。

こんな風に、パソコンのない生活をしたのは、どれくらいぶりだろう。

朝、目覚ましをかけずに起きる生活って、新鮮……。

柳本に連絡しようか迷ったけど、久しぶりの実家だろうし、旅先での出会いを日常に引きずるのも気が引けた。

私たちは、たまたま飛行機で隣り合わせになって、一日を過ごしただけの赤の他人――。

旅先で出会った、ちょっと風変わりな地元の男。

東京にちょっと疲れてしまった、人生の夏休み中の人――。

無事に東京に戻り、数日後。

いつもの通り、朝のカピバラテレビを見ていると、お天気キャスターの後ろで、黄色のハッピを着て、一心不乱に手を振る男の姿があった。

横断幕には「腹下してねぇか?」の文字。

思わず、動きが止まる私。

動揺していると、占いコーナーが始まった。私の星座は……。

「牡牛座のあなたは、気になる人に連絡をとってみると吉! ラッキーカラーは黄色、ラッキーパーソンは、口下手な人ですっ!」

思わず笑ってしまった。カピバラテレビ最高!

それから携帯を取り出して、ラインを開く。

メッセージを打ちながら、

「今日の源治での会合は、長くなりそうだな」と思った。

(おしまい)

関連記事リンク(外部サイト)

【機織り姫と軽トラ王子】苦手なタイプだった彼は意外と…【旅×恋愛小説】
夏デートのキュンポイントを4コマで描く【海、花火、かき氷】
この夏カップルで行きたい【高知】人気デートスポット20選!定番から穴場まで

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。