ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

【先ヨミ】SKE48の21stSG『意外にマンゴー』が約34万枚セールスで断トツ首位 ※7/24訂正

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【先ヨミ】SKE48の21stSG『意外にマンゴー』が約34万枚セールスで断トツ首位 ※7/24訂正

 今週のCDシングル売上レポートから、2017年7月17日~7月19日までの集計が明らかとなり、SKE48『意外にマンゴー』が首位に立っている。

 『意外にマンゴー』は約1年ぶり、自身通算21枚目のシングルとなるもの。初動3日間で341,611枚を売り上げており、2位とは約30万枚という大差をつけて断トツ1位に。次週発表の週間セールス・チャートでも首位獲得は固いといえるが、週末にかけてどこまでセールスを伸ばすのかに注目したい。

 続く2位には、水樹奈々『TESTAMENT』が19,425枚を売り上げてランクイン。本作は『Destiny’s Prelude』と2作同時リリースされた1年ぶりのシングルで、TVアニメ『戦姫絶唱シンフォギアAXZ』の主題歌とスマートフォン向けアプリケーション『テイルズ オブ アスタリア 追憶の楽園(エデン)』テーマソングも収録されている。また、3位を獲得したのは10-FEET『太陽の月』。同作からは先日、約400人のファンとともにワンカットで撮影された「太陽4号」のミュージック・ビデオが公開された。2位から5位までは約1,000枚の僅差で接戦を繰り広げているため、ここから順位を変動させることは十分にあり得るだろう。

◎Billboard JAPANシングルセールス集計速報
(2017年7月17日~7月19日までの集計)
1位『意外にマンゴー』SKE48 341,611枚
2位『TESTAMENT』水樹奈々 19,425枚
3位『太陽の月』10-FEET 19,251枚
4位『Destiny’s Prelude』水樹奈々 18,040枚
5位『WITHOUT U』ROMEO 17,997枚
※Billboard JAPANのCDセールスデータは、SoundScan Japanのデータを使用しています。

記事初出時、水樹奈々の『Destiny’s Prelude』と『TESTAMENT』のセールス枚数を合算して掲出しておりました。正しくは、2位と4位に分かれた上記セールス枚数でございます。お詫びして訂正致します。
2017年7月24日追記

関連記事リンク(外部サイト)

SKE48『意外にマンゴー』公演2会場同時開催! 松井珠理奈&小畑優奈は東名をはしご
SKE48大場美奈、宮崎県マンゴー町の1日町長に就任
SKE48、新曲『意外にマンゴー』ジャケット写真公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。