体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界が注目すべき次世代の日本映画監督10人

世界で活躍できる次世代の映画監督は誰か?

ヴァラエティ・ジャパンでは、日本映画界に注目する海外の業界人が抱くこの疑問に答えるため「日本映画界で注目されるべき監督たち」というテーマで元CUT副編集長でライターの門間雄介氏に分析と寄稿を依頼。世界の映画監督に引けをとらない、実力と個性を兼ね備えた日本の監督10人を選出してもらった。

今村昌平『うなぎ』がカンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞し、北野武『HANA-BI』がヴェネチア国際映画祭金獅子賞を受賞した1997年。この頃、日本映画に対する国際的な関心は高まり、是枝裕和、河瀬直美をはじめ、後進の監督たちが世界の檜舞台に立つ機会は増加した。

日本国内に目を向ければ、メジャー各社がテレビ局資本のブロックバスター作品に商機を見出し、一方で低予算のビデオストレート作品市場が活況を呈して、そこから黒沢清、三池崇史らがブレイクスルーしたのも同時期。2000年代半ばまでは日本映画バブルと呼ばれる好景気が続き、規模の大小、質の優劣を問わず、数多くの作品が生み出された。

しかしリーマン・ショックを境に状況は変わる。

意欲的な中規模作品が急減し、大作と低予算作品の二極化が一気に進んで、日本国内における映画の多様性は失われた。そして気がつくと、是枝、河瀬、黒沢、三池に続き、国際的な注目を集める日本の監督はいなくなった。(カンヌのコンペティション部門に上記以外の監督がラインナップされたのは、2005年『バッシング』の小林政広が最後。00年代中盤から国内外で人気を集めた園子温は例外かもしれないが、そもそも彼は是枝、三池と同世代の作家だ)

そんな日本映画の「ロスト・ジェネレーション」を経て、近年注目すべき監督たちが登場している。確固たるオリジナリティがあり、社会への視座と日本映画への批評性を備えた、革新的なフィルムメイカーたち。「ロスト・ジェネレーション」の焼け跡に現れた10人の監督たちを紹介しよう。

深田晃司

2013年『ほとりの朔子』でナント三大陸映画祭金の気球賞(最高賞)、2016年『淵に立つ』でカンヌ国際映画祭ある視点部門審査員賞を受賞した、次世代をリードする一人。『淵に立つ』では、平穏に暮らす家族が謎の男に侵食され、崩壊させられていく様子を描き、贖罪や孤独といった彼の映画の主題を浮かび上がらせた。諸外国との合作を積極的に推進し、インディペンデント映画への支援を訴えるなど、アクティビストとしての顔もある。

濱口竜介

2012年『親密さ』は255分、主演女優4人にロカルノ映画祭最優秀女優賞をもたらした2015年『ハッピーアワー』は317分。長尺の非商業作品が多いのは、素人や無名の役者たちを起用して、彼らの息づかいや生活、人生をそのままドキュメントするかのような彼の作風と、おそらく無関係ではない。『なみのおと』に始まる「東北記録映画三部作」(酒井耕との共同監督)では、東日本大震災の被災者が語る言葉や声、表情をそのまま記録した。

石井裕也

1983年生まれの石井は、7本のメジャー作品を含む、十数本の映画を既に監督している。名実ともに次世代の中核的存在だ。2005年のデビュー作『剥き出しにっぽん』以来、彼の映画の根幹を成してきたのは、不況下の日本で人はどう生きるべきかという思想や哲学。物質的な欲求から逃れ、精神的な豊かさを追う人々の姿を、2013年『舟を編む』や2017年『夜空はいつでも最高密度の青色だ』では、恋愛劇のスタイルをベースに軽やかに描いた。

1 2 3次のページ
Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。