ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

今年の流行は? 2017夏の最旬アウトドア事情

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

今年の流行は? 2017夏の最旬アウトドア事情
J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「MORNING INSIGHT」。7月19日(水)のオンエアでは、「この夏のアウトドア事情」について、アウトドアプロデューサー、長谷部雅一さんにお話を伺いました。

有限会社ビーネイチャーの取締役で、BE-PALウェブでの連載をもつ長谷部さん。最新のアウトドア事情については、グラマラスキャンピング=“グランピング”人気で、これまでキャンプに関心の無かった層までアウトドアが広まっていると言います。グランピングは海外のハイクラスのサファリツアーなどが起源ですが、日本では、温泉旅行のように食と住と自然をテーマにするなど、多くの人が楽しめるものとなっているそうです。

また、最近ではソロキャンプも人気が高まっているそう。大自然の中、1人だけで身を置くソロキャンプ。布1枚を隔てると鹿など動物の声が聞こえ、自分だけのごはんを贅沢に作って食べたりと、ミニマムな自然とのふれあい方として人気があります。初心者はいきなり大自然ではなく、なるべく人気の少ないキャンプ場に行ったりするところから始めるのがよいそう。1人で自然にいると素直になり自分に向き合えるという意味でも、1人でのキャンプはオススメだそうです。

関東近郊でのオススメのキャンプスポットについても伺いました。

埼玉県の長瀞エリアのラフティング、スタンドアップパドルなどの川遊びや、「今年こそキャンプを!」という人には、富士西湖のキャンプ場「PICA富士西湖」がいいそうです。ここは初心者向けのワークショップもあり、料理道具や食材いらずの手ぶらで行けるキャンプスタイルが人気だそう。その他に挙げてくれたのが、日帰りで自然が楽しめる奥多摩の「山のふるさと村」。ここでは上質な“自然の案内人”が常駐しているので、安心して自然に触れ合うことができるそうです!

夏の予定がまだ決まっていないという人は、これらの情報を参考にして、アウトドアにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聞き直せます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。