ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

加藤ミリヤが“香り”をプロデュース、ソニー「AROMASTIC カートリッジ by 加藤ミリヤ」発売決定

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
加藤ミリヤが“香り”をプロデュース、ソニー「AROMASTIC カートリッジ by 加藤ミリヤ」発売決定

加藤ミリヤが、ソニーの商品で“香り”をプロデュースすることが決定。パーソナルアロマディフューザー「AROMASTICTM(アロマスティック)」専用のカートリッジ「AROMASTIC カートリッジ by 加藤ミリヤ」を10月5日より発売する。

また、該当カートリッジとAROMASTIC本体(ブラック)をセットにした限定商品「AROMASTIC プレミアムキット by加藤ミリヤ」もあわせて発売される。

両商品は、7月20日から9月19日まで、ソニーのウェブサイト「First Flight」と、ソニーミュージック公式直販サイト「Sony Music Shop」にて予約することができる。

AROMASTICとは、片手に収まるコンパクトなサイズながら、5種類の香りが入ったカートリッジを装着することで、異なる香りを切り替えて楽しめる“パーソナルアロマディフューザー”。

今回発売されるカートリッジは、ニールズヤード レメディーズ社の監修のもと、加藤ミリヤ自身がコンセプトを決め、セレクトしたエッセンシャルオイルをブレンドしたオリジナルの香りで、「より強く、より美しくありたいと願って日々を生きる人をいっそう彩りたい」との想いが込められている。

加藤ミリヤの世界観が香りに込められた「挑戦・無垢・恍惚・歓喜・解放」という個性的で力強い5つの香りがあり、パッケージはその5つの香りを色で表現したスペシャルデザインに加藤ミリヤのサインが箔押しされている。

現在、加藤ミリヤは最新アルバム「Utopia」を引っ提げての全国ツアー「Utopia tour2017 supported by KAWI JAMELE」の真っ最中。その各会場で、プロデュースしたAROMASTICカートリッジの「タッチ&トライ」ができるコーナーが設けられる。

加藤ミリヤ コメント
ソニー・ミュージックレーベルズのアーティストとして、私自身とても関心の高い「香り」分野のソニー商品においてコラボレーションが実現したことを嬉しく思っています。
カートリッジは、私が考えた5つのテーマ「挑戦・無垢・恍惚・歓喜・解放」を表現する香りになったと思います。
使ってくださる方々が、「私の人生って素晴らしいな。最高だな。」と感じながら毎日を過ごしてほしいという願いを香りに込めています。

商品情報
AROMASTIC カートリッジ by 加藤ミリヤ「OE-SC301」
発売日:2017年10月5日
予約受付期間:2017年7月20日〜9月19日
価格:2,980円+税
AROMASTIC プレミアムキット by 加藤ミリヤ「OE-AS01MK1」
発売日:2017年10月5日
予約受付期間:2017年7月20日〜9月19日
価格:6,860円+税
<カートリッジに含まれる香り>
「RED 挑戦」
戦いに挑む強い思いを掻き立ててくれる香り(*パチュリー *ローズマリー ラベンダー)
「WHITE 無垢」
ピュアな気持ちで頭の中をニュートラルにできる香り (フランキンセンス ネロリ ジャスミン)
「PINK 恍惚」
自分を愛でて、酔いしれたい時にうっとりする香り (*イランイラン *コリアンダー *シナモン)
「GOLD 歓喜」
何かを成し遂げ、この上ない喜びを感じた時に一層心踊る香り (*フェンネル ペパーミント ミルラ)
「NAVY 解放」
心が忙しい時に、冷静に自分を解放できる香り (*シトロネラ プチグレイン ゼラニウム)
*オーガニック植物由
<新商品の概要、および加藤ミリヤインタビュームービー>
https://scentents.jp/aromastic/mk/
<AROMASTICのその他の製品の主な仕様や詳細、取扱店舗など>
https://scentents.jp/aromastic(AROMASTIC 公式WEBサイト)
https://first-flight.sony.com/pj/aromastic

関連リンク

加藤ミリヤ オフィシャルサイトhttp://miliyah.com/
加藤ミリヤ Twitterアカウント@MILIYAH_MILIYAH
加藤ミリヤ Instagramhttp://instagram.com/miliyahtokyo

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。