体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

駄菓子屋「つねかわ」で生まれたB級鉄板焼きメニューは懐かしウマかった【名古屋】

f:id:Meshi2_IB:20170629112557j:plain

発見! 昭和の駄菓子屋さん

その昔、どの町にもあった駄菓子屋さん。アラフォーの私が生まれて初めてコーラを飲んだのは駄菓子屋さんだったし、小銭を握りしめてインベーダーゲームに興じたのも駄菓子屋さんだった。20代や30代の方はピンとこないかもしれないが、アラフォーやアラフィフ世代には駄菓子屋さんにまつわる思い出の一つや二つは必ずある。

食べ物にまつわる思い出としては、駄菓子屋さんにある鉄板でおばちゃんが作ってくれたお好み焼きや焼きそば。子どもにとっては高根の花だったが、学校が半休だった土曜日の昼に親からお金をもらって食べに行った記憶がある。その話は40年近く前の話。鉄板を完備した駄菓子屋さんはすでに歴史の彼方に消えてしまったのかと思っていた。

しかし、名古屋市内、北区上飯田東町でまだ営業しているという情報を入手した。

f:id:Meshi2_IB:20170608105725j:plain

それが国道19号線沿いにたたずむ「つねかわ」。

もう、外観からして昭和の匂いがプンプン。

f:id:Meshi2_IB:20170608105828j:plain

店内に入ると、駄菓子が所狭しと並んでいる。安いもので10円。いちばん高いものでも70円。

おっ、私の子どもの頃からある駄菓子もちらほら。値段も昔とあまり変わっていない。ちまたでは燃料費や原材料費の高騰で何でも値上げばかりだというのに。

「子ども相手の商売だから値上げはできねぇ」と、駄菓子のメーカーさんは頑なにこの値段を死守しているのだろう。

当然、10円や20円の商品を売る駄菓子屋さんも儲かるような商売ではない。小さい子どもがいるなどの理由で外へ働きに出られない人が始めるケースが多いという。

「つねかわ」の店主、恒川幸子さんもその一人だ。

f:id:Meshi2_IB:20170608105841j:plain

「私の場合、子どもは小さかったし、主人の親も同居していたからね。開店は1975(昭和50)年。昔来てくれた子どもたちが親になって、子どもを連れて来てくれたり、お店の前を通りかかって『まだやっていたんだ!』って寄ってくれたりするんだわ。駄菓子だけだったら、(儲からないので)とっくに潰れていたと思うよ。ウチは鉄板があるから続けることができたのよ」と恒川さんは言う。

素朴でうまい「お好み焼き」

さっそく、定番の「お好み焼き・肉玉」(480円)を作っていただくことに。

f:id:Meshi2_IB:20170608105854j:plain
1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。