ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

ロープなしで動く“高速エレベーター”が世界初登場!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
エレベーターは160年前に生まれた発明だが、これだけ技術革新が進んだ現代でもその仕組みに大きな変化はなかった。

・世界初、“ロープのない”エレベーター

ここに来てついに登場したのが、ドイツのthyssenkruppが手がける新技術“ロープのない”世界初のエレベーター「MULTI」。

ロープの代わりに“リニアモーター”を用い、同社独自の“TWIN elevators”というシステムと組み合わせることで、なんと上下の垂直移動だけでなく水平移動までできるエレベーターだという。一方がシャフトを上昇するとき、もう一方が下降することで、安全にキャビンが移動できる。

・スピードアップのおかげで、待ち時間が減少

スムーズな移動が実現することで、飛躍的なスピードアップが見込めるようになった。乗客にとって、普通のエレベーターと目に見える違いといえば、15~30秒に1度エレベーターのドアが開くこと。おかげで待ち時間が圧倒的に少なくなる。

従来のエレベーターに比べ、最大で50%も重さが減少し、大きさもコンパクト化。収容人数もアップした。結果、エネルギー効率や運転効率も向上することになり、まさにメリットだらけ。

・エレベーターの待ち時間は16.6年?!

世界では、毎日1200万のエレベーターが70億回も運転を実施し、10億人が移動をおこなっているという。コロンビア大学の研究によると、ニューヨークのオフィスで働く人々は、累積16.6年をエレベーターの待ち時間に費やしているという。

これからも都市部の高層ビル化は進むだろうし、迅速な移動を可能にする高速エレベーターは、ますます需要が大きくなりそうだ。

「MULTI」は、ベルリンにある“OVG Real Estate”の“new East Side Tower”で初めて導入される見込み。

MULTI

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。