体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

左官職人が本気でつくる現代版ポータブルかまど「コヘッツイ」

左官職人が本気でつくる現代版ポータブルかまど「コヘッツイ」

電気、ガス、IH。炊飯器が進化しても求められるごはんといえば、「かまど」で炊いた“ふっくら”した炊きあがり。ならばいっそ、かまどでごはんを炊いてみてはいかがでしょう。左官の技が活かされた、「現代版かまど」は、持ち運び自在。アウトドアでも活躍必死です!

現代の暮らしに合うよう
アレンジされた「かまど」

左官職人が本気でつくる現代版ポータブルかまど「コヘッツイ」

昔ながらのかまどを現代風にアレンジし、自由に持ち運べるようにしたのがポータブルかまど「コヘッツィ」です。この聞きなれないネーミング、“コ”は「公の」という意味の接頭語、“ヘッツィ“は、関西地方でかまどの別称(へっつい)として親しまれてきた言葉だそう。ふっくら炊きたてのごはんを、イチからつくる楽しみが味わえる、とじわじわ人気に火がつき始めているんです。

みんなで火を囲む
かまどの魅力

左官職人が本気でつくる現代版ポータブルかまど「コヘッツイ」

昭和の前半まで、日本人の食生活の中心には「かまど」がありました。三食の煮炊きをするのは土間のかまど。割烹着姿の女性たちや、火の加減を手伝う子どもたちの姿を、当時を記録した映像のなかで、もしくは小説や写真のなかで目にしてきたことでしょう。しかし、第二次大戦後、急速に普及発展していったガスや電気にとって代わり、かまどは生活様式の変化とともに、食卓の場から姿を消していきました。

薄れゆく火の文化を後世の暮らしに残したい──。

その象徴であるかまどを、現代生活に浸透しやすいようにリメイクした左官職人がいます。古来から日本に伝わる、自然の土を生活に取り入れる文化。土を塗りコテで固めてツヤを出す左官の技で、「かまどのある食生活」、「みんなで火を囲む」ことをコンセプトに、持ち運び自在なコヘッツィが誕生しました。

「現代の名工」がつくる
一生ものの生活道具

左官職人が本気でつくる現代版ポータブルかまど「コヘッツイ」

三重県四日市市の左官職人集団「蒼築舎」を率いる松木憲司さんは、平成24年厚生労働省発表の「現代の名工」に選出された人物。伝統的な土壁建築からデザイン性の高いプロダクトの開発まで、幅広いものづくりにチャレンジし続けています。

松木さんの手がける現代版かまど「コヘッツィシリーズ」は、左官の技術と魅力、土の文化を伝えるプロダクトとして大きな注目を集めています。現在、シリーズは全部で4種類。左官職人が本気でつくる現代版ポータブルかまど「コヘッツイ」左官職人が本気でつくる現代版ポータブルかまど「コヘッツイ」

450本ものコテの中から仕事に合わせて40〜50本を使い分け、石灰と繊維を混ぜ合わせた土を何層にも塗りつけては、コテで成形していく作業です。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会