体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

年貢を納めてキミも“村民”になってみないか?(2,000人もいるらしいよ)

年貢を納めてキミも“村民”になってみないか?(2,000人もいるらしいよ)

3,000円の“年貢”を納めれば誰でも“村民”になれる村があると聞けば、ちょっと興味本位で納めてみたくなってしまったのは僕だけではないはず。

実際、この村=「シェアビレッジ(SHARE VILLEGE)」というプロジェクトがスタートしてわずか2年で村民数は2,000人を超え、村民になると秋田の美しい古民家に宿泊できたり、“寄合”と呼ばれる飲み会があったり、さらには年に一度のお祭りとして音楽フェスが開催されたりと、なんだかワクワクするようなアクティビティが盛りだくさん。シェアビレッジって、一体なに…?

古民家に泊まって100年前に
タイムスリップ!

年貢を納めてキミも“村民”になってみないか?(2,000人もいるらしいよ)年貢を納めてキミも“村民”になってみないか?(2,000人もいるらしいよ)

どこか日本人の琴線に触れる広々とした美しい古民家、一度は泊まってみたいですね。

ここは秋田県五城目町。人口は1万人足らず。今も古き良き日本の原風景が残っていて、職人や造り酒屋が集積し、農林業をベースとした昔ながらの暮らしが営まれています。2015年の春、この築100年以上の古民家がシェアビレッジの拠点&宿泊施設となり、たくさんの“村民”を迎え入れているのです。

実際、村民になって古民家に宿泊した方に率直な感想を聞いてみると…。

広くて静かな古民家で、囲炉裏がかっこいい!自然な時や空気の流れで、町も木も川も家も出迎えてくれたみたいな感覚で気持ちよかったです。(高木秀人さん・30代後半男性)

古い&暗いで怯えていたけれど、思っていたほど怖くなかったです(笑)。いろりとか土間とか、窓から見える景色とか、昔の人の暮らしぶりを想像しながら古民家を見渡すと楽しいですよ。(鎌田志津子さん・30代女性)

年貢を納めてキミも“村民”になってみないか?(2,000人もいるらしいよ)さらに話を伺うと、初期からの村民のひとりであり都内で居酒屋を営んでいる高木さんは、田舎への憧憬に加えて、少子化/国際化が進展するなかで田舎の課題や町起こしに興味があったと言います。 また、ご両親が秋田県五城目出身だという鎌田さん(ご自身は神奈川育ち)は、寂れていく一方の故郷がシェアビレッジによってどう変わっていくのか、また変わるために自分でも何かできることがしたかったと。想いは様々だけれど、シェアビレッジという磁場に引き寄せられて、今日もどこかで村民が産声を上げているというわけです。

越境する村民たちがつくる
新たなつながり

年貢を納めてキミも“村民”になってみないか?(2,000人もいるらしいよ)

スタートから約2年、シェアビレッジの村民はざっと2,000人に。47都道府県すべてに存在する規模となり、拠点である秋田五城目町と香川県三豊市仁尾町をベースとして大きなネットワークを築きつつあります。プロジェクトが目指す日本そのものをひとつの村として活性化させるという壮大な構想が、ゆっくりと、着実に具現化しているのです。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。