体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

10分で建てられる究極の持ち運びハウス「Ten Fold」が登場

英国の企業Ten Fold Engineeringが発表したユニークな住居が話題を呼んでいる。

・コンテナが10分で住まいに!

これまでポータブルな住まいということでまず思い浮かぶのは、テントやキャンピングカーくらいのものだろう。

そうした先入観を覆す驚きの住居が、同社の開発した「Ten Fold」だ。折りたたまれた状態ではただのコンテナにしか見えないこの箱型の物体、なんとスイッチを押すだけで広々とした住居に早変わりする。その所要時間、わずか10分足らずだ!

鍵は独自のレバーシステム。これが自在に伸び縮みすることにより、コンテナから60平米超の空間に変形する。用途によってはもちろん住まいだけでなく、オフィスや物置小屋としても活用することが可能だ。しかもユニットを組み合わせることにより、複数の住居を連結することもできるまさに近未来の建物だ。

・Ten Foldの価格は1450万円から

トレーラーに載せればもちろん持ち運びも可能。運んだ先で「荷下ろし」すれば、そこがそのまま住居となる。

スペースさえあればどこでも、テントでは味わえない自宅並みの快適な暮らしが瞬時に実現できるこの便利すぎるポータブルハウス。

価格はユニットに応じて異なるが、12万9000ドル(約1450万円)からになるようだ。特に日本では緊急災害時の仮設住宅としても需要が見込めそう。今後の展開に大注目だ。

Ten Fold Engineering Ltd.

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。