体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【機織り姫と軽トラ王子】苦手なタイプだった彼は意外と…【旅×恋愛小説】

【機織り姫と軽トラ王子】苦手なタイプだった彼は意外と…【旅×恋愛小説】 【機織り姫と軽トラ王子】苦手なタイプだった彼は意外と…【旅×恋愛小説】

幸せだけど、なんだか満たされない――。

そんな毎日に漠然とした不満を抱えていたリサだったが、

ある募集広告がきっかけで、彼女の運命が大きく変わることに……!

登場人物

山口リサ(24) 都内の中堅商社のOL

佐々木良太(27) 地方の観光協会に勤務。

久松先生(58) 機織りの先生

STORY

一人っ子の私は、子供の頃、本を読んではいろんなことを空想するのが好きだった。

特に好きなのは、お姫様と王子様が出て来る物語だ。

シンデレラ、

白雪姫、

眠り姫、

私もいつか、お姫様になって、王子様と白馬でお散歩したい――。

会社に入って、4年目。

仕事があって、健康で、友だちもいて、それなりに楽しくて。

贅沢を言えばキリがないけど、何かが足りない、何かが満たされない。

でも、何をしていいのかわからない。

「ああ、このまま年をとって、お局化していくのかぁ……」

そんなとりとめもない想いが、自分の中で、グルグルしていた。

そんなある日。

駅で見つけたのが、壁に貼られた、こんな募集広告だった。

『ものづくりの喜びを、手仕事の素晴らしさを。

憧れの伝統工芸を、一日体験してみませんか?』

伝統工芸

某地方都市が、伝統工芸の魅力を知ってもらうために開くという、一日体験教室の告知だった。

「そういえば、私、モノを作ったり、細かい作業するのって好きだったな……」

中学と高校では、手芸部に入っていた。

針と糸を使って、無心で作業するのが好きだった。

何でもない材料から、モノが形になるのがうれしかった。

でも、そんなこともすっかり忘れていた。

これ、やってみたい――。

都心から電車で一時間半ほどの某地方都市。

指定された駅の前で待っていると、迎えの人が現れた。

しかも、なんと白い軽トラで……。

軽く動揺していると、中から人が降りてきた。

長身にがっちりとした体形。小麦色の肌が健康的。

顔立ちは割と整っていて、どちらかと言えば好みかも――。

「……山口さんですか?」

言われてはっとした。

何を考えているのだ、と自分を叱咤する。

そういう目的できたわけでもないのに。

「は、はい、あの、観光協会の方ですか」

男性はうなずいて、おもむろに名刺を差し出す。

「佐々木です」

名刺には、「○○市観光協会 佐々木良太」と書いてある。

「今日はよろしくお願いします」

「こちらこそ、よろしくお願いします」

沈黙。

えっと、この間はなんだろう。

私が何か言うべきなの?

でも、こういう場合、そっちが主導で説明すべきなんじゃないの?

そんなことをグルグル考えていると、

「じゃあ……とりあえず、乗ってもらえますか」

おもむろに私の荷物を手に取り、ずんずん先に行ってしまう佐々木さん。

大丈夫だよね、人さらいじゃないよね。

名刺ももらったし、ちゃんと地元の人だよね。

キョロキョロしながら、人生初の軽トラに乗り込むと、いきなり車内で流れ始めたのは、こぶしのきいたド演歌。

そして以降、無言を貫く佐々木さん。

なんだか口数少ないし、笑顔もないし、無愛想でちょっとこの人、苦手かも――。

そのまま5分ほど車で走って、今日の目的地の工房に到着。

中から、優しそうな女性の先生が出てきた。機織りの先生の、久松先生だと紹介される。

「今日の体験者の山口さんです。お願いします」

「ええ、また夕方お願いね」

ペコリと頭を下げて、佐々木さんは軽トラで走り去っていった。

とりあえず、無事に目的地に着いてひと安心。

でもまた、夕方、あの人が来るのか……。ちょっと憂鬱……。

今回、私が体験したのは、伝統的な手織り物の技術だった。

1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会