ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

一流レストラン愛用の器「K.H.Würtz」が日本上陸! 代官山で日本未発売品や1点ものを販売

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
kurashiniyorisouutsuwaten_01

2017年7⽉15⽇(⼟)から23⽇(⽇)まで、東京・代官山の「greeniche(グリニッチ) 代官⼭」にて、「“暮らしに寄り添う器”展 – 日本の影響を受けたものづくり – 」が開催されています。

日本では入手困難なデンマークの陶器メーカー「K.H.Würtz(K.H.ワーツ)」の作品を展示販売する企画展。本展のためにつくられた器やプレートは日本未発売のデザインも含めて全17アイテム。1点ものの貴重な作品も並びます。

K.H.ワーツは、世界一予約の取れないレストランとして知られる「Noma」や、北欧で初めてミシュラン三ツ星を獲得した「Geranium」など、世界各国の名だたるレストランが愛用するテーブルウェア。釉薬の調合センスと釉掛けによる独特の仕上がりが特徴です。

会場には「茶室」を再現し、グリニッチの本店がある鳥取の陶器「牛ノ戸焼」もK.H.ワーツの器と共演します。イギリスの陶芸家バーナード・リーチらが尽力したことで、現在まで継承されてきた牛ノ戸焼。「K.H.ワーツ」を営むAage Würtz(アーゲ・ワーツ)は、バーナード・リーチの工房で学んだ経歴を持ち、かつて展示会で見た日本の器からインスピレーションを受けていると言います。

同展に合わせてグリニッチ代官山店内にあるコーヒーラボ「lab.LABAR」ではスペシャルドリンク「抹茶ラテ」を販売するなど、盛りだくさんな内容で日本とデンマーク外交関係樹立150周年を祝います。会期は残り僅か。お見逃しのないよう足を運んでください。

kurashiniyorisouutsuwaten_02 「K.H.ワーツ」はAage Würtz(アーゲ・ワーツ)とその息子・Kasper Würtz(キャスパー・ワーツ)が親子で営む陶芸工房。「作り⼿は表に出ず、使い手が使うためのものづくり」を信念に作品を作り続けています。

kurashiniyorisouutsuwaten_03 天保年間に開窯された「牛ノ戸焼」。芸術性より実用性に重きを置いて作られています。

kurashiniyorisouutsuwaten_04 会期中は会場の一部に、日本伝統文化である「茶室」を再現。

“暮らしに寄り添う器”展 – 日本の影響を受けたものづくり –

会期:2017年7⽉15⽇(⼟)~23⽇(⽇) 11:00~19:00 ※⽔曜定休⽇

会場:グリニッチ 代官⼭

⼊場料:無料

Writing:Akiko Okawa

Edit:Tadasuke Shiomi

関連記事リンク(外部サイト)

人気企画がスケールアップして渋谷ヒカリエに「一期一会の蚤の市」開催
”何かのカケラ”もあります! ディーラー12店舗が集結「東京小さいものクラブ」オープン
色彩の洪水! グアテマラの現地工房のアイテムが揃うマーケット開催

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。