ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【D’ERLANGER】 『J’aime La Vie TOUR 2017』 2017年7月1日 at TSUTAYA O-EAST

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 再結成10周年の記念すべき年に“これが今のD’ERLANGER”と言わんばかりのど真ん中のアルバム『J’aime La Vie』を掲げて開催されたツアー。東京でのセミファイナル公演(ファイナルは追加公演:京都)はkyo(Vo)、CIPHER(Gu)、SEELA(Ba)の3人がTetsu(Dr)のほうを向いて呼吸を合わせるように始めた「Harlem Queen Complex」からキックオフ。kyoの囁くような低い声が一瞬にして会場のムードを支配し、「Harlem Queen Romance」からは爆音全開で場内の温度を上昇させていく。その迫力に負けないほどの熱い歓声が飛び交い、“東京! D’ERLANGERです! 今日は熱を感じるよ。悔い残さないように暴れてってよ。覚悟してきましたか? 全部くれますか!? 全部、持っていけ!”とkyoがさらに煽る。
 (okmusic UP's)

 中盤ではゆったりとしたグルーブが心地良い「Romeo & Juliet」を届け、艶のある歌と哀愁を帯びたギターソロが赤く染まる照明に溶けていくような「Je t’aime」を響かせた。シンプルなアプローチでメロディーを際立たせた「Mona Lisa」、骨太で爽快なR&R「Vanilla」など最新アルバムの曲たちがツアーを経て太く強力になっていたのも印象的で、各自の個性と主張が絡み合ってD’ERLANGERサウンドが生み出されていることが伝わる熱いライヴが繰り広げられる。

 “もうひと盛り上がりしようか”と叫んだアンコールでは代表曲「CRAZY4YOU」が投下され、「バライロノセカイ-Le monde de la rose-」でもシンガロング。予定になかった「Love me to DEATH」も披露。終演後には9月に豪華メンバー参加の初のトリビュート盤の発売、同時にEX THEATER ROPPONGIにて主催イベント、秋ツアー『J’aime La Vie deux TOUR 2017』が開催されることが発表され、再び会場は歓喜の歓声に沸いた。
撮影:HIROSHI TSUCHIDA/取材:山本弘子
セットリスト
1.Harlem Queen Complex
2.Harlem Queen Romance
3.LOVE is GHOST
4.MY BLOODY BURROUGHS POEM
5.狂おしい夜について
6.Dance with me
7.Romeo & Juliet
8.Candy in the shape of you
9.Je t’aime
10.Mona Lisa
11.Vanilla
12.Masquerade
13.Everlasting Rose
14.沈む
<ENCORE>
1.CRAZY4YOU
2.バライロノセカイ -Le monde de la rose-
3.Love me to DEATH
D’ERLANGER
デランジェ:1983年の結成後、幾度かのメンバーチェンジを経て、88年にkyoが加入し、現在の4人がそろう。89年に発表した1stアルバム『LA VIE EN ROSE』がインディーズでありながらも3万枚のセールスを記録し、鳴り物入りで90年1月にシングル「DARLIN’」でメジャーデビューを果たすものの、同年12月24日解散。しかし、17年の時を経て、07年に復活! 08年5月には日本武道館公演を成功させるなど、復活後は精力的にライヴ活動を行ない、コンスタントにアルバムを発表している。
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。