ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「ONE PIECE」の絵本の作者、長田真作とは何者?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

「ワンピ―ス」の絵本と聞くと、西巻茅子様のロングセラー絵本「わたしのワンピース」が頭に浮かぶ方、多いと思います。

 


わたしのワンピース
amazon.co.jpより

 

しかし、今回はそのワンピースではなく、「少年ジャンプ」に連載されている日本を代表する大ヒット漫画の「ワンピース」(ONE PIECE)でございます。

 

1997年7月から連載がスタート、コミックス1巻から85巻までの国内での累計発行部数3億5000万部超!海外での累計発行部数6600万部超の「ONE PIECE」でございます。

 

えっ「ONE PIECE」って絵本あったっけ…。と思われている方!実は、連載20周年を記念してムック本「ONE PIECE magazine」なるものが先日出版されております。(7月7日発売の「Vol.1」を皮切りに3ヶ月連続刊行の予定)

 


ONE PIECE magazine Vol.1 (集英社ムック)
amazon.co.jpより

 

こちらには、作者の尾田栄一郎様のインタビュー、描き下ろしの漫画、カラーイラスト、さらに!兄のエースが主人公の公式ノベライズ「ONE PIECE novel A」も掲載されております。

 

その他にも、様々な企画が満載!ONE PIECEファンにはたまらないムック本になっております。が、その中に!ルフィ、エース、サボの幼少期のエピソードを絵本化した「ONE PIECE picture book 光と闇とルフィとエースとサボの物語」が掲載されております。

 

しかし、それは尾田様が描いているんでしょ!と思っておりましたら、なんと!新進気鋭の絵本作家、長田真作様が描かれているのでございます!読むというより、観て頂きたい、感じて頂きたい!長田ワールドが炸裂しております。

 

ただ、絵本に詳しくない方は、「長田真作」と聞いてもピンとこないのでは。果たして、大役を任された長田真作とはいったいどんな人物なのか…。

 

なんと、去年デビューしたばかりの新人絵本作家。ただし、ただの新人作家ではございません。イケメン俳優、満島真之介様の親友。デビュー作の「あおいカエル」は、絵だけを担当しておりますが、文を担当したのは、満島真之介様の姉で女優の満島ひかり様の元旦那様、石井裕也様でございます。

 


あおいカエル
amazon.co.jpより

 

肩書だけではございません。描いても凄いんです。絵本界の巨星、五味太郎様が注目!されている逸材でございます(なんと絵本の帯に、「五味太郎が注目」と書かれておりました)。

 

デビューの仕方も半端ありません。2016年3月に「あおいカエル」が出版。その翌々月の5月には、文も絵も担当する「タツノオトシオ」、「かみをきってよ」と、2冊出版。なんと、一気に3冊の絵本を出版!鮮烈なデビューを飾られております。そして、その独特な世界観と抜群の画力は高く評価されております。

 

<写真 「タツノオトシオ」、「かみをきってよ」の表紙>

 

ちなみに、今月(7月)、約1年ぶりに新刊「きみょうなこうしん」が出版されました。

 


きみょうなこうしん
amazon.co.jpより

「きみょうなこうしん」(作:長田真作)

 

こちらは、三部作の第一弾。8、9月に第2作、3作が出版予定とか。内容は、まさに今旬な「大人絵本」でございます。アートブックでございます。

 

出版社の宣伝文句は、“未知や不思議を求めてやまないあらゆる世代の少年少女に贈る、世界の成り立ちをポップに哲学する「創世記」絵本3部作”。中山ヒデちゃん風に言うと、「シャレオツ」なのでございます。

 

今話題の「大人絵本」に興味のある方は是非一度、長田作品をご体験頂きたい!

(文:N田N昌)

 

関連記事リンク(外部サイト)

「TV Bros.」麦わらの一味9人ジャック!5種の表紙を並べるとさらにスゴイ
マンガ好きでも知らない?・・・「人気漫画タイトル」の由来「15選」!
シンデレラの日本版は「おしん物語」だけではなかった
日本にもあった!大人が絶賛する秀逸な「3匹の子ぶた」のパロディ絵本 
意味不明のメンバーによる怪しいトークライブ「旅と妖怪002」27日開催

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。