ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【魔法少女になり隊】 『魔法少女になりな祭』 2017年7月1日、2日 at 渋谷STAR LOUNGE

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 本人たちが対バンを渇望したというWiennersとオメでたい頭でなによりを招いての初の主催ライヴイベントは、“祭”の名に相応しく、出演バンド同士、バンドと観客、あるいは観客同士が、時に物理的にも押し合いへし合う熱い2日間であった。
 (okmusic UP's)

 “熱い”というのも比喩ではない。場内は本当に熱気が充満していて、ライヴ終了後には天井から湿気(汗?)が滴っていたほど。はっきり言って空気も薄かった。しかしながら、若いバンドたちが自らの手でこうした熱狂のフィールドを作り上げたことは実に素晴らしいことであるし、ロックシーンの新たな希望でもあると喜ばしく思った。

 肝心のステージは…と言うと、新録ベスト盤を完成させたばかりのWiennersはその強固になったバンドアンサンブルを見せつけ、芸達者なオメでたい頭でなによりはバラエティー豊かなステージパフォーマンスを展開。迎え撃つホスト役、魔法少女になり隊は以前に比べ明らかに自信を付けていることが分かる、堂々たるステージングで応戦。何よりも火寺バジル(Vo)の立ち居振る舞いがいい。ラブソングではアイドル的な雰囲気を身に纏ったと思えば、ラウド系ではパンクやメタルの兄ちゃんばりの目つきで観客を煽る。なかなかの貫禄。また、改めて言うことでもないだろうが、やはりgari(VJ&Vo)のVJはバンドの最大の武器であり、観客の一体感を助長する演出としてこの上ないものであろう。ステージと客席とを文字通り、同じ色に染めるのはすごいことだと思う。
撮影:Shumpei Kato、Viola Kam (V’z Twinkle)、竹内光司/取材:帆苅智之
セットリスト
【7月1日】
1.狂騒曲ザラキ
2.ラムのラブソング
3.Believe
4.テッペン伝説
5.MEGA DASH
6.RE-BI-TE-TO
7.革命のマスク
8.sayonara fantasy
9.first star(新曲)
10.ヒメサマスピリッツ
11.おジャ魔女カーニバル!!
12.冒険の書1
<ENCORE>
1.完全無敵のぶっとバスターX(新曲)
2.BA・BA・BA ばけ~しょん
【7月2日】
1.KI-RA-RI
2.火遁の術
3.ちちんぷい
4.ハレ晴レユカイ
5.おジャ魔女カーニバル!!
6.ラムのラブソング
7.狂騒曲ザラキ
8.革命のマスク
9.sayonara fantasy
10.ヒメサマスピリッツ
11.MEGA DASH
12.BA・BA・BA ばけ~しょん
<ENCORE>
1.完全無敵のぶっとバスターX(新曲)
2.冒険の書1
魔法少女になり隊
マホウショウジョニナリタイ:2014年結成。火寺バジルが魔女にかけられた呪いをとくために歌という魔法を使って冒険しているラウドでポップでファンタジーなRPG系バンド。14年8月、ロッキング・オンが主催するオーディション『RO69JACK 2014』で優勝。15年には各地の新人イベントや夏フェス、サーキットイベントに出演。16年9月、シングル「KI-RA-RI」でメジャーという新たなステージへ! 2017年1月にTSUTAYA O-WESTで開催されたワンマンツアーファイナルのチケットは即完!
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。