ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

ビルボードジャパンチャート7/24付およびRADIO ON AIR DATA 7/10〜7/16発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ビルボードジャパンチャート7/24付およびRADIO ON AIR DATA 7/10〜7/16発表

音楽サイト「Billboard JAPAN」を運営する阪神コンテンツリンクおよびプランテックは、プランテック提供による7月24日付ビルボードジャパンチャート Hot 100、Hot Animation、Hot Overseas(集計期間:2017年7月10日〜2017年7月16日)および2017年7月10日〜2017年7月16日のRADIO ON AIR DATAを発表した。

KinKi Kids「The Red Light」が約20万枚を売り上げ総合首位、宇多田の新曲はダウンロード1位に

20周年イヤー第3弾となるKinKi Kids「The Red Light」が、初週累計で194,753枚を売り上げ、セールス、ルックアップ、Twitterの3冠を獲得、シングル・セールスの大差を守りJAPAN HOT100総合首位を獲得した。

映画『銀魂』主題歌のUVERworld「DECIDED」は、シングル2位、ダウンロード2位、ストリーミング11位、ルックアップ3位、ラジオ21位、動画再生46位、Twitter95位と善戦したが、3冠のポイント差を覆すには至らなかった。

今週のダウンロードは、1位が宇多田ヒカル「大空で抱きしめて」、2位がUVERworld「DECIDED」、3位がSEKAI NO OWARI「RAIN」、4位がEGOIST「英雄 運命の詩」、5位がBUMP OF CHICKEN「記念撮影」という結果となった。

1位の宇多田ヒカルは2位以下に大差を付けての勝利となり、注目度は引き続き高く総合3位に初登場。3位のセカオワはストリーミングでは1位となっており、堅調な展開が続く。また、ストリーミング2位にはGENERATIONS from EXILE TRIBE「空」。こちらはこのストリーミングとダウンロード6位、動画再生11位の3指標のポイントが牽引する形で総合8位を守っている。

「恋」のロング・ヒットが続く星野源。シングル72位、ダウンロード20位、動画8位と、特にダウンロードがまだまだ強く総合18位に留まっている。また、注目の新曲「Family Song」がラジオ解禁となり、いきなりラジオ11位、Twitter4位に付けて総合36位に初登場となった。これが「恋」にも影響するとみられ、まだまだ星野源がシーンを牽引する形は続きそうだ。

セカオワ「RAIN」アニメ・チャート連覇、『カーズ』EDは5位

今週の“JAPAN Hot Animation”は、映画『メアリと魔女の花』主題歌であるSEKAI NO OWARI「RAIN」が、先週に引き続き首位となった。

ダウンロード、ストリーミング、ラジオの再生回数は1位で、セールス、ルックアップ、Twitterは4位。話題性だけでなく、きちんとリスナーの耳に楽曲が届いていることがわかる結果だ。今後は高ポイントを獲得しているデジタル領域でどこまで強みを見せることができるかに注目したい。

そして、3位に入ったEGOIST「英雄 運命の詩」(MXTVほか『Fate/Apocrypha』OP)は、CDリリースに先駆けたダウンロードが1位、Twitterが3位と2指標のみで上位にチャート・イン。

また、先週の同チャート初登場で20位にチャート・インした映画『カーズ/クロスロード』の日本版エンドソングとなる奥田民生「エンジン」は、CDのリリースと映画の公開を受け今週5位に大きくジャンプ・アップしている。

映画は公開から3日間で動員数40万人を突破し興行収入は5億132万円を記録する好調なスタートを切っており、楽曲を聴き込むリスナーが増えていくかが来週以降のチャート・アクションの鍵になるだろう。

そして、TOP20には初登場の楽曲が多数チャート・インしており、その中でも注目したいのはNTV系「僕のヒーローアカデミア」エンディングに起用されているLiSA「だってアタシのヒーロー。」。

今週のチャートでは総合15位で、Twitterは2位、動画の再生回数は7位だが、この動きはLiSAが2月に発表した「Catch the Moment」と同様で、ここから様々な指標に波及していくことが予想される。同アニメのオープニングで米津玄師の「ピースサイン」がロングヒットとなっていることもあり、今後もこの曲の動向をチェックしていきたい。

エド・シーランが通算10週目のNo.1、「デスパシート」がTOP3に急伸

エド・シーランの「シェイプ・オブ・ユー」が遂に通算10週目のNo.1となった今週のBillboard JAPAN洋楽チャート“Hot Overseas”。

動画再生回数、ストリーミング、Twitterの3指標で洋楽勢TOPをキープし、2位に停滞するカルヴィン・ハリスの「フィールズfeat.ファレル・ウィリアムス、ケイティ・ペリー&ビッグ・ショーン」に500ポイント差で、今週も首位を保持した「シェイプ・オブ・ユー」。

今週晴れて10週目という大台にのったが、洋楽チャート首位最長記録は15週のオースティン・マホーンの「ダーティ・ワーク」が保持しているため、まだまだ記録を伸ばせるか気になるところだ。

デジタル・セールスとストリーミングが好調のルイス・フォンシ&ダディ・ヤンキーの「デスパシートfeat.ジャスティン・ビーバー」は、3位にランクアップ。ジャスティン・ビーバーが参加していない原曲も16位につけ、今週初TOP20入りを果たしてしている。

9位には、ゼッドとリアム・ペインによるコラボ・トラック「ゲット・ロウ」が初登場。全指標で順調に推移しており、公式ミュージック・ビデオが公開されれば、さらなるチャート・アクションが期待できそうだ。

今週3曲目のTOP20エントリーは、ハイムの「ウォント・ユー・バック」で、同曲が収録されたアルバムのリリースを受け、デジタル・セールスでは洋楽勢TOPをマークした。

2017年7月24日付 Billboard Japan Hot 100

順位
先週の順位
曲名
アーティスト名
発売
発売日
チャートイン回数
1
32
The Red Light
KinKi Kids
JE
20170712
2
2
89
DECIDED
UVERworld
SMR
20170712
3
3

大空で抱きしめて
宇多田ヒカル
ERJ
20170710
1
4
2
RAIN
SEKAI NO OWARI
TF
20170705
5
5
4
TT
TWICE
WMJ
20170628
38
6
9
ピースサイン
米津玄師
SMR
20170621
9
7
3
記念撮影
BUMP OF CHICKEN
TF
20170705
2
8
8

GENERATIONS from EXILE TRIBE
RZN
20170705
7
9
75
青い涙
水谷果穂
WMJ
20170712
2
10
1
Precious Girl
Hey!Say!JUMP
JST
20170705
3
11
11
SIGNAL
TWICE
WMJ
20170628
9
12

英雄 運命の詩
EGOIST
SMU
20170816
1
13
6
つなぐ

JST
20170628
6
14
15
ノンフィクション
平井堅
AOJ
20170607
9
15

君のとなり
Dream Ami
RZN
20170712
1
16
7
WIPER
Suchmos
KMU
20170705
3
17

しゅわりん☆どり~みん
Pastel*Palettes

20170712
1
18
13

星野源
V
20161005
44
19
20
シェイプ・オブ・ユー
エド・シーラン
WMJ
20170303
27
20
5
No Way Back
AAA
AVT
20170705
5

2017年7月24日付 Billboard Japan Hot Animation

順位
先週の順位
曲名
アーティスト名
発売
発売日
チャートイン回数
タイアップ
1
1
RAIN
SEKAI NO OWARI
TF
20170705
4
映画「メアリと魔女の花」主題歌
2
2
ピースサイン
米津玄師
SMR
20170621
8
NTV系「僕のヒーローアカデミア」オープニング
3

英雄 運命の詩
EGOIST
SMU
20170816
1
MXTV他「Fate/Apocrypha」オープニング
4

しゅわりん☆どり~みん
Pastel *Palettes

20170712
1
(声優)
5
20
エンジン
奥田民生

20170712
2
映画「カーズ/クロスロード」エンディング
6

Stand up! Ready!!
マリア・カデンツァヴナ・イヴ(日笠陽子)
K
20170712
1
MXTV他「戦姫絶唱シンフォギアAXZ」より
7

バトンロード
KANA-BOON
KMU
20170712
3
TX系「BORUTO-ボルト-」オープニング
8
4
departure!
小野正利
VAP
20111221
7
NTV系
「HUNTER×HUNTER」オープニング
9

踊れ!きゅーきょく哲学
上坂すみれ
K
20170712
1
MXTV他「アホガール」エンディング
10
7
Hegemony of the Food Chain
平野義久
VAP
20130724
3
NTV系
「HUNTER×HUNTER」より
11

夢物語
BREAKERZ
ZA
20170712
1
NTV系「名探偵コナン」エンディング
12
6
前前前世
RADWIMPS
EMI
20160824
56
映画「君の名は。」主題歌
13

ノイズ
ミオヤマザキ
ERJ
20170712
1
MXTV他「地獄少女 宵伽」オープニング
14

未来はジョー!ジョー!
はやぶさ
V
20170712
1
TX系「デュエル・マスターズVSRF」オープニング
15

だってアタシのヒーロー。
LiSA
SMU
20170802
1
NTV系「僕のヒーローアカデミア」エンディング
16
14
orion
米津玄師
SMR
20170215
23
NHK総合「3月のライオン」エンディング
17
13
ひまわりの約束
秦基博
AOJ
20141224
134
映画「STAND BY ME ドラえもん」主題歌
18

ハートシグナル
羽多野渉
AVT
20170712
1
MXTV他「ひとりじめマイヒーロー」オープニング
19

STAND UP
畠中祐
LA
20170712
1
(声優)
20
17
Legend of the Martial Artist
平野義久
VAP
20130724
2
NTV系
「HUNTER×HUNTER」より

2017年7月24日付 Billboard Japan Hot Overseas

順位
先週の順位
曲名
アーティスト名
発売
発売日
チャートイン回数
1
1
シェイプ・オブ・ユー
エド・シーラン
WMJ
20170303
27
2
2
フィールズ feat.ファレル・ウィリアムス、ケイティ・ペリー & ビッグ・ショーン
カルヴィン・ハリス
SMJI
20170630
4
3
9
デスパシート feat.ジャスティン・ビーバー
ルイス・フォンシ & ダディー・ヤンキー
UI
20170417
8
4
3
ダーティ・ワーク
オースティン・マホーン
UI
20170719
23
5
6
ステイ
ゼッド & アレッシア・カーラ
UI
20170324
20
6
4
2U feat.ジャスティン・ビーバー
デヴィッド・ゲッタ
WMJ
20170609
6
7
11
シー・ユー・アゲイン
ウィズ・カリファ feat.チャーリー・プース
WMJ
20150408
104
8
5
ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?
ジャスティン・ビーバー
UI
20151113
77
9

ゲット・ロウ
ゼッド & リアム・ペイン
UI
20170706
1
10
8
サムシング・ジャスト・ライク・ディス
チェインスモーカーズ & コールドプレイ
SMJI
20170407
21
11
7
クローサー feat.ホールジー
チェインスモーカーズ
SMJI
20170407
48
12
10
アイム・ザ・ワン feat.ジャスティン・ビーバー,クエヴォ,チャンス・ザ・ラッパー & リル・ウェイン
DJキャレド
SMJI
20170430
11
13
12
ブラジル
デクラン・マッケンナ
SMJI
20170726
2
14
13
グッド・ライフ
Gイージー & ケラーニ
WMJ
20170414
13
15
15
ワイルド・ソーツ feat.リアーナ & ブライソン・ティラー
DJキャレド
SMJI
20170623
2
16

デスパシート feat.ダディー・ヤンキー
ルイス・フォンシ

20170113
1
17

ウォント・ユー・バック
ハイム
UI
20170707
1
18

24K・マジック
ブルーノ・マーズ
WMJ
20161118
35
19
20
シェイク・イット・オフ~気にしてなんかいられないっ!!
テイラー・スウィフト
UI
20141029
123
20

アップタウン・ファンク feat.ブルーノ・マーズ
マーク・ロンソン
SMJI
20150304
111

RADIO ON AIR DATA 7/10〜7/16 TOP5

順位
曲名
アーティスト名
1
青い涙
水谷 果穂
2
太陽4号
10-FEET
3
記念撮影
BUMP OF CHICKEN
4
大空で抱きしめて
宇多田 ヒカル
5
若い広場
桑田 佳祐

ラジオ、CSオンエアモニタリング(エアモニ)
調査基準:本サービスは下記条件を満たすオンエアのあった楽曲を対象に調査・集計。
・一曲につきワンコーラス以上、もしくは連続して60秒以上のオンエアがあること。
・BGMでないオンエアであること。

関連リンク

阪神コンテンツリンク:http://hcl-c.com/
Billboard JAPANhttp://www.billboard-japan.com

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。